ここでは、アクティブノードを指す内部ロードバランサーを作成して、Azure内部ロードバランサーを使用してノードを切り替える方法について説明します。クライアントは、内部ロードバランサーが提供するフロントエンドIPアドレスに接続します。VMは「ヘルスチェックプローブ」機能によって定期的にチェックされ、内部ロードバランサーはリクエストをアクティブノードにルーティングします。

IP リソースを作成する

Azure では、クライアントがロードバランサーに接続して、トラフィックをアクティブノードに分散できるようにします。理論上は、IP リソース(仮想IPアドレスを表す)は必要ありません。ただし、このセクションで後述するように、仮想 IP アドレスの作成は必要です。

Azure の場合、仮想 IP アドレスは、これらのノードの前にあるロードバランサーの IP アドレスと同じである必要があります。以下の例では、IP アドレス 10.20.0.10を使用します。

内部ロードバランサーを作成する

内部ロードバランサーはトラフィックをアクティブノードに分散し、次の手順で作成できます。ロードバランサーを構成するには、node-a でアプリケーションを起動して、LifeKeeper を介して構成する前に、ロードバランサーが動作していることを確認します。

  1. Azure ポータルで [ロードバランサー] に移動し、[追加] をクリックして以下のパラメーターを選択し、[Review + create] をクリックします。パラメータを確認すると、ロードバランサーの作成が可能になります。
項目
リソースグループ LK-QSG
名前 LK-ILB
リージョン (仮想マシンと同じ)
タイプ Internal
SKU Standard
(ワークロードが Availability zone 全体に分散されるため、 Standard を選択します)
仮想ネットワーク LK-VNET
サブネット LK-subnet
IPアドレスの割り当て Static
プライベートIPアドレス 10.20.0.10
Availability zone Zone-redundant

  1. ロードバランサーが作成されたら、リソースページ(LK-ILB)に移動します。ロードバランサーの次のセクションを設定します(ロードバランサー設定ページの左側の [設定] セクションにあります)。
  • バックエンドプール (ステップ 3)
  • 正常性プローブ (ステップ 4)
  • ロードバランシングルール (ステップ 5)

  1. [バックエンドプール] ページに移動し、[追加] をクリックします。バックエンドプールページが開いたら、使用可能な仮想マシンのリストからnode-a と node-b を選択し、プールの名前(例:LK-BackendPool)を指定します。

  1. [正常性プローブ] ページに移動し、[追加] をクリックします。アプリケーションで使用されるTCPポート番号(例:httpdを保護する場合は80)を選択し、プローブの名前(例:LK-Probe)を指定します。

  1. [負荷分散規則] ページに移動し、[追加] をクリックして新しい規則を作成します。次の値を入力します。
項目
名前 LK-ILB-Rule
フロントエンド IP アドレス 10.20.0.10
プロトコル TCP (アプリが TCP を使用していると想定)
ポート番号 # アプリケーションで使用されているポート番号を選択します
バックエンドポート ポートと同じ
バックエンドプール LK-BackendPool
正常性プローブ LK-Probe
セッション永続化 なし
フローティング IP 有効(無効を選択することもできます)。詳細については、次のセクションを参照してください。

フローティング IP オプションの違い

フローティング IP オプションの違いにより、内部ロードバランサーがパケットを送信する宛先が変わります。

  • [無効] が選択されている場合、ロードバランサーはノードのプライマリー IP にパケットを送信します。
  • [有効] が選択されている場合、ロードバランサーはパケットを仮想 IP に送信します。

仮想 IP はアクティブノードに接続されているため、一見同じ操作に見えます。ただし、アクティブノードからの応答を仮想 IP から送信する必要がある場合は、「有効」を選択する必要があります。これは、LifeKeeper がこれらのノードを処理するためのより自然な方法です(オンプレミス環境と同じ方法)。アプリケーションがプライマリ IP アドレス(例:10.20.1.10)のみをListen する場合は、フローティング IP パラメーターは「無効」に設定する必要があります。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信