仮想ネットワークは、ローカルネットワークを表すAzureリソースです。異なるシステムを論理的に分離するために、Azureクラウド内でさまざまな仮想ネットワークを定義することができます。

詳細については、 Azureのドキュメント を参照してください。
このセクションでは、LifeKeeper(LK-VNETという名前を付けます)をテストするための仮想ネットワークを以下の手順で作成します。

  1. ホーム画面から「仮想ネットワーク」を選択して現在の仮想ネットワークのリストを表示し、上部の [作成] をクリックします。

  1. 「仮想ネットワーク」ウィザードで、リソースグループLK-QSG、仮想ネットワークLK-VNET、仮想ネットワークを作成するリージョンを選択します。

値を入力したら、[次へ: IPアドレス] をクリックします。

  1. この仮想ネットワークのCIDRブロックを 10.20.0.0/16と入力します。CIDRブロックを入力したら、[サブネットの追加] をクリックしてサブネットを定義します。

  1. サブネットの名前LK-subnetとそのCIDRブロック 10.20.0.0/22を指定します。

指定したら、下部にある [追加] をクリックします。

  1. これで、仮想ネットワークとサブネットの両方のパラメーターが定義されました。[確認と作成] をクリックします。

  1. ウィザードがパラメータを検証したら、[作成] をクリックして仮想ネットワークを作成します。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信