AWSでインスタンスを作成する場合、最初のステップの1つはルートテーブルを作成することです。ルートテーブルは、各宛先に対するルートを定義します。次の図では、インスタンスには2つのルートがあり、1つはVPC境界(ローカルネットワーク)である10.20.0.0/16に対するルートです。
10.20.0.0/16内のトラフィックは、ローカル接続とみなされます。もう1つのルートは 0.0.0.0/0で、これはIPトラフィックをローカルVPC境界の外(他のVPCまたはインターネット)にルーティングすることを許可するものです。インターネットに接続するには、インターネットゲートウェイが必要である(パブリックサブネットの場合)か、NATゲートウェイを指定する必要があります(プライベートサブネットの場合)。

VPC内のアクティブなノードの検索

クラスタリング環境でアクティブノードを見つける場合は、 ルート を定義できるように、 VPC CIDRの外部 で仮想IPアドレスを定義する必要があります。実際、仮想IPを定義するということは、 ルートテーブルに新しい宛先を作成する ことを意味します。

VPC CIDRの外部の新しい宛先が定義されると、SIOS Protection Suiteは、このルートのターゲットをアクティブノード(上記の構成例では10.20.1.10 または 10.20.2.10 )に変更できます。クライアントノードは、宛先として 10.10.10.10 を探すだけでよく、ルーティングテーブルがトラフィックをアクティブノードに誘導します。ルーティングテーブルは、Recovery Kit for EC2によって動的に更新されます。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信