SAP Recovery Kit は、LifeKeeper バージョン 7.3 と 7.4 でテストされています。バージョン 7.3 を使用している場合、受注時に提供されるパッチを適用する必要があります。

プライマリ サーバと バックアップ サーバの両方において、LifeKeeper ソフトウェアを次のリカバリキットを含めてインストールしてください。

  • SAP
  • 適切なデータベース (Oracle、SAP DB など)
  • IP
  • NFS
  • NAS
  1. 両方のマシンで Oracle ListenerSAP を停止してください。

例えば、Oracle ユーザが orastc で、Oracle Listener が LISTENER_STC で、SAP ユーザが stcadm の場合、次のようになります。

a. su コマンドでユーザ orastc に切り替え、コマンド lsnrctl stop LISTENER_STC を実行してください。

b. su コマンドでユーザ stcadm に切り替え、コマンド stopsap sap{No.} を実行してください。

c. root ユーザとして、SAP または Oracle ユーザプロセスが実行されていないことを確認します。もし実行されている場合、「killall sapstartsrv」と入力してください。このコマンドを実行した後もプロセスが存在する場合は、「ps ?ef」を実行して各プロセスを終了してください。

  1. 両方のマシンで /etc/hosts を開き、ホストと DNS のエントリが正しく指定されていることを確認してください。
  1. 現在のインターフェースから IP アドレスを 停止 および 削除 してください。 注記: この手順は、IP アドレスを LifeKeeper IP Recovery Kit で保護する前に行う必要があります。

ip addr delete {A/SCS VIRTUAL IP ADDRESS}/{NETMASK} dev eth0

ip addr delete {ERSv2 VIRTUAL IP ADDRESS}/{NETMASK} dev eth0

  1. ping などを使用して接続試行を行い、IP アドレスが削除されていることを確認してください。
  1. SPS インストールガイド に記載の手順に従って、プライマリサーバとバックアップサーバの両方に SPS をインストールしてください (DE、コア、DataKeeper、LVM、およびライセンス)。Recovery Kit を選択するよう求められたら、以下を選択してください。

SAP、適切なデータベース (Oracle)、IP、NFS、NAS

インストールスクリプトが一定のチェックを実行します。以下の例に示すように、環境が正しく設定されない場合、失敗することがあります。

SAP Services file /usr/sap/sapservices not found

SAP Installation is not valid; please check environment and retry

error: %pre(steeleye-lkSAP-7.3.1-1.noarch) scriptlet failed, exit status 2

error: install: %pre scriptlet failed (2), skipping steeleye-lkSAP-7.3.1-1

上記の例では、期待される SAP ファイル、/usr/sap/sapservices が欠落しています。インストールを続行する前に、環境が正しい状態になることはとても重要です。

リカバリキットのインストールおよびリソースを保護するためのサーバの設定に関する詳細は、Recovery Kit ドキュメンテーション を参照してください。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信