概要

このガイドは、LKCLI (LifeKeeper Command Line Interface) を使用してコマンドラインから LifeKeeper 環境を設定することを支援するために作成されています。LKCLI を使って環境を作成する場合、以下の順序に従ってください。

1. コミュニケーションパスの作成・削除
2. リソースの作成
3. ステータスの確認
4. スイッチオーバーの動作確認
5. メンテナンス
6. クラスターの設定を引き継いで複製する

各LKCLIコマンドの詳細については、 LKCLI (LifeKeeper Command Line Interface) を参照してください。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信