リソースグループは、ネットワークコンポーネント、コンピューターリソース、ストレージなどのリソースを作成するための論理コンテナです。
詳細については、 Azureのドキュメント を参照してください。

このセクションでは、LifeKeeperをテストするためのリソースグループ(LK-QSGという名前を付けます)を次のように作成します。

  1. ホーム画面から「リソースグループ」を選択して既存のリソースグループのリストを参照し、上部にある [作成] をクリックします。

  1. リソースグループの名前を LK-QSG と指定し、リージョンを選択してリソースグループを作成します。リソースグループの作成に使用されるリージョンには、3つの可用性ゾーンが必要であることに注意してください。

選択したら、[確認と作成] をクリックします。

  1. ウィザードがこれらの値を評価し、検証に合格するとリソースを作成できるようになります。

[作成] をクリックして、リソースグループを作成します。

  1. リソースグループが作成されました。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信