最後にリモートのクライアントより、データベースへの接続確認を行います。

  1. クライアント上に Oracle クライアントソフトウェアを導入します。
  1. まず、プライマリーノード上でリソースがアクティブであることを確認します。

  1. リモートのクライアントから、リスナー経由でデータベースに接続します。

  1. LifeKeeper GUIで LB Health Check リソースのスイッチオーバを実施します。lk4lnode02(スタンバイノード)側の LB Health Check リソースを右クリック > [In Service]を選択します。

  1. スイッチオーバーが完了しました。

  1. リモートのクライアントから以下の通りリスナー経由で接続します。(クラスターホスト名でアクセスします)

  1. 切り替え前後において、同じIPアドレスでOracleに接続できることが確認できました。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信