ASCSおよびERSインスタンスに関連付けられた仮想IPアドレスを保護するためのリソースを作成する前に、node-aおよびnode-bで次の手順を完了する必要があります。

次に、AWS EC2リソースの作成(ルートテーブルシナリオ) のプロセスに従って、ASCSおよびERSインスタンスに関連付けられた仮想IPアドレスのリソース階層を作成します。

EC2ルートテーブルのリソースタイプで使用されるIPアドレスはVPC CIDR(LK-VPCの場合は10.20.0.0/16)の外部に配置する必要があるため、次の仮想ホスト名とIPアドレスを使用します。

インスタンス
仮想ホスト名
IP アドレス
ASCS10 sps-ascs 10.10.10.10
ERS20 sps-ers 10.10.10.20

ASCSの仮想IPリソース階層を作成する

  1. IPリソースの作成 で説明した手順に従い、以下のパラメータを使用してLifeKeeper IPリソース(*ip-sps-ascs*)を作成および拡張し、node-aおよびnode-b上のASCS仮想IPアドレスを保護します。IPリソースはnode-aで作成され、node-bに拡張されることに注意してください。また、作成されたリソースはWitnessノードであるnode-cに拡張されてはならないことにも注意してください。 アイコンは、デフォルトのオプションが選択されていることを示しています。
フィールド
Create Resource Wizard
Switchback Type intelligent
Server node-a
IP Resource 10.10.10.10
Netmask 255.255.255.0
Network Interface eth0
IP Resource Tag ip-sps-ascs
Pre-Extend Wizard
Target Server node-b
Switchback Type intelligent
Template Priority 1
Target Priority 10
Extend comm/ip Resource Hierarchy Wizard
IP Resource 10.10.10.10
Netmask 255.255.255.0
Network Interface eth0
IP Resource Tag ip-sps-ascs
  1. AWS EC2リソースの作成(ルートテーブルシナリオ) で説明している手順に従って、以下のパラメーターを使用してLifeKeeper EC2リソース( ec2-sps-ascs )を作成および拡張し、IPリソース切り替え時にAWSでルートテーブルのバックエンド操作を管理します。EC2リソースは、node-aで作成され、node-bに拡張されていることに注意してください。また、作成されたリソースはWitnessノードであるnode-cに拡張されてはならないことにも注意してください。 アイコンは、デフォルトのオプションが選択されていることを示しています。
フィールド
Create Resource Wizard
Switchback Type intelligent
Server node-a
EC2 Resource type RouteTable (Backend cluster)
IP Resource ip-sps-ascs
EC2 Resource Tag ec2-sps-ascs
Pre-Extend Wizard
Target Server node-b
Switchback Type intelligent
Template Priority 1
Target Priority 10
Extend comm/ec2 Resource Hierarchy Wizard
EC2 Resource Tag ec2-sps-ascs

IPリソース階層が正常に作成されると、LifeKeeper GUIは次の画像のようになります。

ERS仮想IPリソース階層を作成する

  1. IPリソースの作成 で説明している手順に従って、以下のパラメーターを使用してLifeKeeper IPリソース(ip-sps-ers)を作成および拡張し、node-aおよびnode-bのERS仮想IPアドレスを保護します。IPリソースは、node-bで作成され、node-aに拡張されていることに注意してください。また、作成されたリソースはWitnessノードであるnode-cに拡張されてはならないことにも注意してください。 アイコンは、デフォルトのオプションが選択されていることを示しています。
フィールド
Create Resource Wizard
Switchback Type intelligent
Server node-b
IP Resource 10.10.10.20
Netmask 255.255.255.0
Network Interface eth0
IP Resource Tag ip-sps-ers
Pre-Extend Wizard
Target Server node-a
Switchback Type intelligent
Template Priority 1
Target Priority 10
Extend comm/ip Resource Hierarchy Wizard
IP Resource 10.10.10.20
Netmask 255.255.255.0
Network Interface eth0
IP Resource Tag ip-sps-ers
  1. AWS EC2リソースの作成(ルートテーブルシナリオ) EC2リソース( ec2-sps-ers )を作成および拡張し、IPリソース切り替え時にAWSでルートテーブルのバックエンド操作を管理します。EC2リソースは、node-bで作成され、node-aに拡張されていることに注意してください。また、作成されたリソースはWitnessノードであるnode-cに拡張されてはならないことにも注意してください。 アイコンは、デフォルトのオプションが選択されていることを示しています。
フィールド
Create Resource Wizard
Switchback Type intelligent
Server node-b
EC2 Resource type RouteTable (Backend cluster)
IP Resource ip-sps-ers
EC2 Resource Tag ec2-sps-ers
Pre-Extend Wizard
Target Server node-a
Switchback Type intelligent
Template Priority 1
Target Priority 10
Extend comm/ec2 Resource Hierarchy Wizard
EC2 Resource Tag ec2-sps-ers

IPリソース階層が正常に作成されると、LifeKeeper GUIは次の画像のようになります。

/etc/hostsにエントリーを追加する

Node-aおよびNode-bの/etc/hostsに以下のエントリーを追加し、仮想ホスト名を対応するIPアドレスに解決できるようにします。この仮想ホスト名は共有ファイルシステム /export/sapmnt/SPS および /export/usr/sap/trans にアクセスするために使用されるので、sps-ascsのエントリーは node-dおよびnode-e(PAS および AAS ホスト)にも追加する必要があります。

10.10.10.10    sps-ascs
10.10.10.20    sps-ers

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信