このトピックにはありませんでした
他のトピックを検索して以下の内容を見つけました

マスターデーターベースとログファイルを複製されたストレージに再配置する

LifeKeeper for Linux 評価ガイド » クラウド環境向けLifeKeeper for Linux 評価ガイド » リソースの保護 » 他のリソース(データーベースまたはアプリケーション)を保護する方法 » Quick Service Protectionを使用したMicrosoft SQL Serverの保護 » マスターデーターベースとログファイルを複製されたストレージに再配置する

前述したように、データーは複製されたファイルシステム上に保存する必要があります。そのため、各コンポーネントには以下の場所を使用します。 アイテム 場所 Master DataBase Files…

ライセンスの取得方法

LifeKeeper for Linux インストレーションガイド » LifeKeeper 環境のセットアップ » LifeKeeper ライセンスについて » ライセンスの取得方法

日本の SIOS テクノロジーから購入されたお客様はユーザーポータルの 「ライセンス取得方法解説ページ 」 を参照ください。

ライセンスの取得方法

LifeKeeper Single Server Protection » LifeKeeper Single Server Protection インストレーションガイド » LifeKeeper Single Server Protection ライセンスについて » ライセンスの取得方法

日本の SIOS テクノロジーから購入されたお客様はユーザーポータルの 「ライセンス取得方法解説ページ 」 を参照ください。

AWS – ASCSおよびERSの仮想IPを作成する

LifeKeeper for Linux 評価ガイド » クラウド環境向けLifeKeeper for Linux 評価ガイド » リソースの保護 » 他のリソース(データーベースまたはアプリケーション)を保護する方法 » SAPリソースの保護 » ASCSおよびERSの仮想IPを作成する » AWS – ASCSおよびERSの仮想IPを作成する

ASCSおよびERSインスタンスに関連付けられた仮想IPアドレスを保護するためのリソースを作成する前に、node-aおよびnode-bで次の手順を完了する必要があります。 AWS CLIをインストールする EC2 Recovery…

ロードバランサーのヘルスチェックに応答する

LifeKeeper for Linux 評価ガイド » クラウド環境向けLifeKeeper for Linux 評価ガイド » リソースの保護 » クラウド環境でのノードの切り替え » ロードバランサーのヘルスチェックに応答する

LB Health Check Kit は、特定のリソースが現在 In-Service のクラスターノードにロードバランサートラフィックをルーティングするために、LifeKeeper…

AWS/Azure – SAP共有ファイルシステムおよびレプリケーションファイルシステムの作成

LifeKeeper for Linux 評価ガイド » クラウド環境向けLifeKeeper for Linux 評価ガイド » リソースの保護 » 他のリソース(データーベースまたはアプリケーション)を保護する方法 » SAPリソースの保護 » SAPファイルシステムを作成する » AWS/Azure – SAP共有ファイルシステムおよびレプリケーションファイルシステムの作成

*Note: このセクションは、AWSおよびMicrosoft Azureでのデプロイメントの場合の手順です。Google Cloudにデプロイする場合は、Google Cloud – SAP共有ファイルシステムの作成…

SAPリソースの保護

LifeKeeper for Linux 評価ガイド » クラウド環境向けLifeKeeper for Linux 評価ガイド » リソースの保護 » 他のリソース(データーベースまたはアプリケーション)を保護する方法 » SAPリソースの保護

このセクションでは、SAP S/4HANA 1909 AS ABAP環境をデプロイし、LifeKeeper SAP Recovery Kitを使用してABAP SAP Central Services (ASCS) と対応するEnqueue Replication Server (ERS)…

ファイルシステムのデータレプリケーションを作成する方法

LifeKeeper for Linux 評価ガイド » クラウド環境向けLifeKeeper for Linux 評価ガイド » リソースの保護 » ファイルシステムのデータレプリケーションを作成する方法

ノード間のデータレプリケーションのしくみ はRAID1 デバイスとして機能する NetRAID デバイスを作成します。 このガイドでは、例として次のパラメータを使用しています。DataKeeper…

AWS EC2リソースの作成(ルートテーブルシナリオ)

LifeKeeper for Linux 評価ガイド » クラウド環境向けLifeKeeper for Linux 評価ガイド » リソースの保護 » クラウド環境でのノードの切り替え » AWS EC2リソースの作成(ルートテーブルシナリオ)

ここでは、アクティブノードを指すエントリをルートテーブルに作成することにより、ルートテーブルを使用してノードを切り替える方法について説明します。 IP リソースを作成する これで、IP…

AWS EC2 リソースの作成(Elastic IP シナリオ)

LifeKeeper for Linux 評価ガイド » クラウド環境向けLifeKeeper for Linux 評価ガイド » リソースの保護 » クラウド環境でのノードの切り替え » AWS EC2 リソースの作成(Elastic IP シナリオ)

ここでは、アクティブノードを指すエントリーを作成することで、Elastic IP…

EC2 Kit メッセージカタログ

エラーコード一覧 » 総合メッセージカタログ » EC2 Kit メッセージカタログ

以下の Recovery Kit for EC2 メッセージカタログには、Recovery Kit for EC2 の使用中に表示される可能性のあるすべてのメッセージのリストを記載しています。 総合メッセージカタログ は、SIOS Protection Suite for…

EC2™ イベントテーブル

アプリケーションリカバリーキット » Recovery Kit for EC2™ 管理ガイド » Recovery Kit for EC2™ の設定 » EC2™ イベントテーブル

次の表には、EC2™ 固有のイベントの Recovery Kit と関連するトラップ番号が含まれています。 LK_NOTIFY_ALIAS が設定されている場合、イベントはメール通知を生成します。 LifeKeeper イベント/説明…

AWS Route53 シナリオ

LifeKeeper for Linux 評価ガイド » クラウド環境向けLifeKeeper for Linux 評価ガイド » LifeKeeper for Linuxの評価を開始する前に » クライアントがアクティブノードに接続する方法 » AWS Route53 シナリオ

AWS Direct Connect クイックスタートガイド

» AWS Direct Connect クイックスタートガイド

目的 AWS Transit Gateway のリリースにより、AWS Direct Connect を利用したオンプレミス環境(下図の On-premises)から AWS Transit Gateway を経由して、下図の VPC A 内に配置された HA…

AWS Route Table シナリオ

LifeKeeper for Linux 評価ガイド » クラウド環境向けLifeKeeper for Linux 評価ガイド » LifeKeeper for Linuxの評価を開始する前に » クライアントがアクティブノードに接続する方法 » AWS Route Table シナリオ

AWS Elastic IPシナリオ

LifeKeeper for Linux 評価ガイド » クラウド環境向けLifeKeeper for Linux 評価ガイド » LifeKeeper for Linuxの評価を開始する前に » クライアントがアクティブノードに接続する方法 » AWS Elastic IPシナリオ

クライアントがインターネット上にあり、アクティブなクラスターノードへのパブリックアクセスが必要な場合は、Elastic IPシナリオを選択する必要があります。この例では、SIOS Recovery Kit for…

EC2™ ユーザシステムのセットアップ

アプリケーションリカバリーキット » Recovery Kit for EC2™ 管理ガイド » Recovery Kit for EC2™ の設定 » EC2™ ユーザシステムのセットアップ

ルートテーブルシナリオ (バックエンドクラスタ) Recovery Kit for EC2 のルートテーブル保護オプションを使用すると、VPC 内のルートを自動更新することができます。フェイルオーバ中、Recovery Kit…

DataKeeper Resource

LifeKeeper for Linux テクニカルドキュメンテーション » SIOS DataKeeper for Linux » インストールと設定 » リソースの設定作業 » DataKeeper リソース階層の作成 » DataKeeper Resource

このオプションは、NetRAID デバイスのみを作成し(ファイルシステムは作成しない)、NetRAID デバイスを LifeKeeper で保護します。ディスクまたはパーティション上に DataKeeper…

Resource Labels

LifeKeeper for Linux テクニカルドキュメンテーション » LifeKeeper » LifeKeeper User Guide » LifeKeeper for Linux の使用 » 共通の作業 » Resource Labels

Resource Labels このオプショングループを使用すると、リソース階層ツリー内のリソースを、タグ名別 と ID 別のいずれで表示するかを指定できます。 注記 :…

AWS Direct Connect 準備

» AWS Direct Connect クイックスタートガイド » AWS Direct Connect 構築手順 » AWS Direct Connect 準備

「AWS Direct Connect の要件 」を満たす環境を構築してください。それぞれのインスタンスに LifeKeeper をインストールして、node1/node2 間にコミュニケーションパスを作成してください。

AWSリージョンの決定

LifeKeeper for Linux 評価ガイド » クラウド環境向けLifeKeeper for Linux 評価ガイド » ネットワークコンポーネントの構成とインスタンスの作成 » AWSでゼロからインスタンスを作成する » AWSリージョンの決定

Recovery Kit for EC2™ トラブルシューティング

アプリケーションリカバリーキット » Recovery Kit for EC2™ 管理ガイド » Recovery Kit for EC2™ トラブルシューティング

メッセージカタログ は、LifeKeeper for Linux…

[Resource Properties] ダイアログ

LifeKeeper for Linux テクニカルドキュメンテーション » LifeKeeper » LifeKeeper User Guide » LifeKeeper for Linux の使用 » 共通の作業 » [Resource Properties] ダイアログ

[Resource Properties] ダイアログは、[Edit] メニュー やリソースコンテキストメニュー から使用できます。このダイアログには、サーバ上にある特定のリソースのプロパティが表示されます。[Edit]…

AWS CLIをインストールする

LifeKeeper for Linux 評価ガイド » クラウド環境向けLifeKeeper for Linux 評価ガイド » LifeKeeper for Linuxのインストール » AWS CLIをインストールする

*各ノードで以下のコマンドを実行する必要があります。 まず、AWSCLIをインストールする必要があります。詳しい手順は、 AWS CLI の最新バージョンをインストールまたは更新します…

Recovery Kit for EC2™ のチューニング

アプリケーションリカバリーキット » Recovery Kit for EC2™ 管理ガイド » Recovery Kit for EC2™ の設定 » Recovery Kit for EC2™ のチューニング

Recovery Kit for EC2™ で設定可能なパラメーターは EC2 パラメータ一覧 を参照してください。

Recovery Kit for EC2パラメーター一覧

パラメーター一覧 » Recovery Kit for EC2パラメーター一覧

下記の表は、Recovery Kit for EC2パラメーター名とその意味を説明しています。これらの値は /etc/default/LifeKeeper 設定ファイルを編集することにより設定可能です。 Recovery Kit for EC2…

LifeKeeper GUI サーバプロセスの表示

LifeKeeper for Linux テクニカルドキュメンテーション » LifeKeeper » LifeKeeper User Guide » LifeKeeper for Linux の使用 » 共通の作業 » LifeKeeper GUI サーバプロセスの表示

LifeKeeper GUI サーバが動作していることを確認するには、以下のコマンドを入力してください。 ps -ef | grep runGuiSer 以下のような出力が表示されます。 root 2805 1 0 8:24 ?00:00:00 sh…

GUI サーバの開始 / 停止

LifeKeeper for Linux テクニカルドキュメンテーション » LifeKeeper » LifeKeeper User Guide » LifeKeeper for Linux の使用 » GUI » GUI の実行の準備 » GUI サーバの開始 / 停止

LifeKeeper GUI サーバを開始するには LifeKeeper GUI サーバが動作していない場合は、 root として以下のコマンドを入力してください。 /opt/LifeKeeper/bin/lkGUIserver start このコマンドは、管理しているサーバで…

[Edit] メニュー - [Resource]

LifeKeeper for Linux テクニカルドキュメンテーション » LifeKeeper » LifeKeeper User Guide » LifeKeeper for Linux の使用 » GUI » メニュー » [Edit] メニュー - [Resource]

In Service - リソース階層を in service にします。 Out of Service - リソース階層を out of service にします。 Extend Resource Hierarchy -…

[Resource Properties] - [Equivalencies]

LifeKeeper for Linux テクニカルドキュメンテーション » LifeKeeper » LifeKeeper User Guide » ダイアログ » [Resource Properties] - [Equivalencies]

[Resource Properties] - [General]

LifeKeeper for Linux テクニカルドキュメンテーション » LifeKeeper » LifeKeeper User Guide » ダイアログ » [Resource Properties] - [General]

[Resource Properties] - [Relations]

LifeKeeper for Linux テクニカルドキュメンテーション » LifeKeeper » LifeKeeper User Guide » ダイアログ » [Resource Properties] - [Relations]

[Server Properties] - [Resource]

LifeKeeper for Linux テクニカルドキュメンテーション » LifeKeeper » LifeKeeper User Guide » ダイアログ » [Server Properties] - [Resource]

AWS Direct Connect 構築手順

» AWS Direct Connect クイックスタートガイド » AWS Direct Connect 構築手順

以下の構成図の様な環境を構築するための一般的な手順を解説します。

AWS Route 53リソースの作成

LifeKeeper for Linux 評価ガイド » クラウド環境向けLifeKeeper for Linux 評価ガイド » リソースの保護 » クラウド環境でのノードの切り替え » AWS Route 53リソースの作成

ここでは、アクティブノードを指す DNS エントリーを作成して、Route 53 を使用してノードを切り替える方法について説明します。 作成するRoute 53のレコードセット 名前 タイプ 値…

最初の EC2 インスタンスの作成

LifeKeeper for Linux 評価ガイド » クラウド環境向けLifeKeeper for Linux 評価ガイド » ネットワークコンポーネントの構成とインスタンスの作成 » AWSでゼロからインスタンスを作成する » 最初の EC2 インスタンスの作成

前のセクションでは、ネットワークの構成について説明しました。次に、最初のインスタンスを作成します。本チュートリアルで使用するコンピューティングリソース…

Recovery Kit for EC2™ 管理ガイド

アプリケーションリカバリーキット » Recovery Kit for EC2™ 管理ガイド

Recovery Kit for EC2 は、障害の発生したプライマリーサーバから Elastic IP をバックアップサーバーに復旧する仕組みを提供します。また、複数の Availability Zoneで IP Recovery Kit…

Recovery Kit for EC2™ の設定

アプリケーションリカバリーキット » Recovery Kit for EC2™ 管理ガイド » Recovery Kit for EC2™ の設定

必要とする保護と柔軟性が得られるように LifeKeeper を設定するには、設定要件を把握している必要があります。設定を適切にプランニングするには、Amazon、Amazon Virtual Private Cloud (VPC)、Amazon Elastic Compute…

EC2™ リソース階層の作成

アプリケーションリカバリーキット » Recovery Kit for EC2™ 管理ガイド » Recovery Kit for EC2™ の設定 » EC2™ リソース階層の作成

プライマリサーバーからリソースインスタンスを作成するには、以下の手順を完了する必要があります。 LifeKeeper GUI メニューから [Edit] を選択し、次に [Server]…

EC2™ リソース階層の削除

アプリケーションリカバリーキット » Recovery Kit for EC2™ 管理ガイド » Recovery Kit for EC2™ の設定 » EC2™ リソース階層の削除

LifeKeeper 環境のすべてのサーバからリソース階層を削除するには、次の手順を実行してください。 LifeKeeper GUI メニューから [Edit] を選択し、次に [Resouce]…

EC2™ リソース階層の拡張

アプリケーションリカバリーキット » Recovery Kit for EC2™ 管理ガイド » Recovery Kit for EC2™ の設定 » EC2™ リソース階層の拡張

階層の作成後、クラスタ内の別のサーバに拡張する必要があります。3…

Recovery Kit for EC2™ の要件

アプリケーションリカバリーキット » Recovery Kit for EC2™ 管理ガイド » Recovery Kit for EC2™ の要件

Recovery Kit for EC2 のインストール / アンインストールを試みる前に、Amazon Web Service のソフトウェア要件と Recovery Kit for EC2 のインストール /…

LifeKeeper for Linux in the AWS Cloud (SAP)

» LifeKeeper for Linux in the AWS Cloud (SAP)

概要 本書は、LifeKeeper for Linux のインストールのユーザーガイドです。 LifeKeeper for Linux for SAP 環境のインストール方法を理解するには、以下のマトリックスに従ってください。 …

AWSサービス間の切り替え

LifeKeeper for Linux 評価ガイド » クラウド環境向けLifeKeeper for Linux 評価ガイド » ネットワークコンポーネントの構成とインスタンスの作成 » AWSでゼロからインスタンスを作成する » AWSサービス間の切り替え

[Out-of-Service Resource] ダイアログ

LifeKeeper for Linux テクニカルドキュメンテーション » LifeKeeper » LifeKeeper User Guide » ダイアログ » [Out-of-Service Resource] ダイアログ

Select a Resource - このダイアログのリストには、LifeKeeper クラスタ内で in service になっているすべてのリソースの名前があります。out of service にするリソースを選択してください。 *注記 :…

Recovery Kit for EC2™ 運用の原則

アプリケーションリカバリーキット » Recovery Kit for EC2™ 管理ガイド » Recovery Kit for EC2™ 運用の原則

Recovery Kit for EC2™ には機能が 2 つあります。 ルートテーブルシナリオ (バックエンドクラスタ) は、LifeKeeper が保護する IP リソースに Amazon VPC™…

EC2™ リソース階層の拡張解除

アプリケーションリカバリーキット » Recovery Kit for EC2™ 管理ガイド » Recovery Kit for EC2™ の設定 » EC2™ リソース階層の拡張解除

階層全体を拡張解除するには、以下の手順を実行してください。 LifeKeeper GUI メニュー から [Edit] を選択し、次に [Resouce] を選択してください。ドロップダウンメニューから [Unextend Resource Hierarchy]…

AWS VPC ピア接続構築⼿順

» Transit Gatewayを使用したLifeKeeperクラスターとクライアント間接続クイックスタートガイド » AWS VPC ピア接続構築⼿順

以下の構成図の様な環境を構築するための⼀般的な手順を解説します。 準備 「利用のための要件 」を満たす環境を構築してください。それぞれのインスタンスに LifeKeeper をインストールして、…

LifeKeeper GUI ソフトウェアパッケージ

LifeKeeper for Linux テクニカルドキュメンテーション » LifeKeeper » LifeKeeper User Guide » LifeKeeper for Linux の使用 » GUI » GUI の概要 – 全般 » LifeKeeper GUI ソフトウェアパッケージ

LifeKeeper GUI は、LifeKeeper Core パッケージクラスタにバンドルされている steeleye-lkGUI ソフトウェアパッケージに含まれています。 steeleye-lkGUI パッケージは、以下の動作を実行します。 Java…

AWS/Azure – LifeKeeper SAP リソースを作成する

LifeKeeper for Linux 評価ガイド » クラウド環境向けLifeKeeper for Linux 評価ガイド » リソースの保護 » 他のリソース(データーベースまたはアプリケーション)を保護する方法 » SAPリソースの保護 » LifeKeeper SAP リソースを作成する » AWS/Azure – LifeKeeper SAP リソースを作成する

*Note: このセクションは、AWS と Microsoft Azure にデプロイメントする場合の手順です。Google Cloud へのデプロイについては、Google Cloud – LifeKeeper SAPリソースを作成する…

AWS – SAP HANA 仮想 IP を作成する

LifeKeeper for Linux 評価ガイド » クラウド環境向けLifeKeeper for Linux 評価ガイド » リソースの保護 » 他のリソース(データーベースまたはアプリケーション)を保護する方法 » SAP HANA リソースの保護 » SAP HANA プライマリーデータベースの仮想 IP を作成する » AWS – SAP HANA 仮想 IP を作成する

SAP HANA データベースに関連付けられた仮想 IP アドレスを保護するリソースを作成する前に、node-a と node-b で次の手順を完了する必要があります。 AWS CLI をインストールする EC2 Recovery Kit…

AWS/Azure – LifeKeeper SAP HANA リソースを作成する

LifeKeeper for Linux 評価ガイド » クラウド環境向けLifeKeeper for Linux 評価ガイド » リソースの保護 » 他のリソース(データーベースまたはアプリケーション)を保護する方法 » SAP HANA リソースの保護 » LifeKeeper SAP HANA リソースを作成する » AWS/Azure – LifeKeeper SAP HANA リソースを作成する

*Note: このセクションは、AWS または Microsoft Azure へのデプロイメントの場合に実施してください。Google Cloud へのデプロイについては、 Google Cloud – LifeKeeper SAP HANA リソースを作成する…

AWSでゼロからインスタンスを作成する

LifeKeeper for Linux 評価ガイド » クラウド環境向けLifeKeeper for Linux 評価ガイド » ネットワークコンポーネントの構成とインスタンスの作成 » AWSでゼロからインスタンスを作成する

!免責事項:…

AWS Direct Connect の既知の問題とトラブルシューティング

» Transit Gatewayを使用したLifeKeeperクラスターとクライアント間接続クイックスタートガイド » AWS Direct Connect の既知の問題とトラブルシューティング

現時点での情報はありません。

Recovery Kit for EC2 – 既知の問題と制限

LifeKeeper for Linux テクニカルドキュメンテーション » LifeKeeper » トラブルシューティング » 既知の問題と制限 » Recovery Kit for EC2 – 既知の問題と制限

説明 …

AWS 環境の Quorum/Witness クラスターの推奨事項

LifeKeeper for Linux テクニカルドキュメンテーション » LifeKeeper » インストールと設定 » LifeKeeper I-O フェンシングの概要 » Quorum/Witness » AWS 環境の Quorum/Witness クラスターの推奨事項

このページでは、AWS のクラウド環境において既存のノードと併せて Quorum/Witness を設定するのに役立つクラスター構成を紹介します。 概略図: …

AWS VPC ピアリングによる LifeKeeper クラスター間接続クイックスタートガイド

» AWS VPC ピアリングによる LifeKeeper クラスター間接続クイックスタートガイド

目的 LifeKeeper for Linux v9.2.2 より、リージョン間 VPC ピア接続を利用した別 VPC からの接続構成がサポートされました。 本資料は、LifeKeeper for Linux v9.5.0 で VPC…

EC2™ ローカルリカバリと設定に関する考慮事項

アプリケーションリカバリーキット » Recovery Kit for EC2™ 管理ガイド » Recovery Kit for EC2™ の設定 » EC2™ ローカルリカバリと設定に関する考慮事項

ローカルリカバリシナリオ (バックエンドクラスタ): 保護されているルートテーブルの障害が Recovery Kit for EC2 によって検出されると、結果として生じる障害によって EC2…

AWS – 送信元/宛先チェックを無効にする

LifeKeeper for Linux 評価ガイド » クラウド環境向けLifeKeeper for Linux 評価ガイド » LifeKeeper for Linuxのインストール » AWS – 送信元/宛先チェックを無効にする

EC2 Recovery Kitリソースが作成されるAWS EC2インスタンスそれぞれについて、送信元/宛先チェックを無効にする必要があります。 * 注記 :SIOS Protection Suite for Linux v9.6.0以降では、LifeKeeper…

AWS でレプリケーション用にディスクを準備する方法

LifeKeeper for Linux 評価ガイド » クラウド環境向けLifeKeeper for Linux 評価ガイド » リソースの保護 » ファイルシステムのデータレプリケーションを作成する方法 » AWS でレプリケーション用にディスクを準備する方法

*次の手順は、各ノードで実行する必要があります。 DataKeeper…

[Confirm Failover] と [Block Resource Failover] の設定

LifeKeeper for Linux テクニカルドキュメンテーション » LifeKeeper » インストールと設定 » 任意の設定作業 » [Confirm Failover] と [Block Resource Failover] の設定

EC2™ リソース監視と設定に関する考慮事項

アプリケーションリカバリーキット » Recovery Kit for EC2™ 管理ガイド » Recovery Kit for EC2™ の設定 » EC2™ リソース監視と設定に関する考慮事項

ルートテーブルシナリオ (バックエンドクラスタ) Recovery Kit は AWS CLI を使用して、保護されている IP リソースに VPC 内のクライアントから接続できるようにルートテーブルの設定を監視します。Recovery…

ファイアウォールを使用した状態での LifeKeeper の実行

LifeKeeper for Linux テクニカルドキュメンテーション » LifeKeeper » LifeKeeper User Guide » LifeKeeper for Linux の使用 » メンテナンス作業 » ファイアウォールを使用した状態での LifeKeeper の実行

以下のネットワークアクセス要件を満たす場合、LifeKeeper for Linux は、同一サーバー上にファイアウォールを設定した状態で実行できます。 *注記:…

Recovery Kit for EC2を使用するためのアクセス権限を割り当てる

LifeKeeper for Linux 評価ガイド » クラウド環境向けLifeKeeper for Linux 評価ガイド » LifeKeeper for Linuxのインストール » Recovery Kit for EC2を使用するためのアクセス権限を割り当てる

! 以下のステップを完了するには、AWS CLIを各ノードにインストールする必要があります。詳細については、完了する必要のある環境固有の追加タスク を参照してください。 Recovery Kit for…

LifeKeeper Single Server Protection ソフトウェアのインストール

LifeKeeper Single Server Protection » LifeKeeper Single Server Protection インストレーションガイド » LifeKeeper Single Server Protection ソフトウェアのインストール

本ページでは Linux OS について基本的な知識がある方にむけて LifeKeeper Single Server Protection Software (SSP) のインストールについて説明しています。その他詳細については LifeKeeper Single Server Protection…

クラウド環境でのノードの切り替え

LifeKeeper for Linux 評価ガイド » クラウド環境向けLifeKeeper for Linux 評価ガイド » リソースの保護 » クラウド環境でのノードの切り替え

LifeKeeper の GUI の設定

LifeKeeper for Linux テクニカルドキュメンテーション » LifeKeeper » LifeKeeper User Guide » LifeKeeper for Linux の使用 » GUI » GUI の実行の準備 » LifeKeeper の GUI の設定

GUI 管理用の LifeKeeper サーバーの設定 各 LifeKeeper サーバーについて、以下の手順を実行してください。各手順には、詳細手順の参照先またはリンクがあります。 各サーバーに、Java 実行時環境 (JRE)…

LifeKeeper ソフトウェアのインストール

LifeKeeper for Linux インストレーションガイド » LifeKeeper ソフトウェアのインストール

本ページでは Linux OS について基本的な知識がある方にむけて LifeKeeper for Linux のインストールについて説明しています。 その他詳細については LifeKeeper for Linux テクニカルドキュメンテーション…

Java のセキュリティポリシー

LifeKeeper for Linux テクニカルドキュメンテーション » LifeKeeper » LifeKeeper User Guide » LifeKeeper for Linux の使用 » GUI » GUI の実行の準備 » Java のセキュリティポリシー

LifeKeeper の GUI は、ポリシーベースのアクセス制御を使用します。GUI クライアントのロード時に、現在有効なセキュリティポリシーに基づいて権限がGUI…

LifeKeeper による HA クラスターの構築

» Microsoft Azure クイックスタートガイド » LifeKeeper による HA クラスターの構築

仮想マシンの OS に LifeKeeper をインストールし、 HA クラスターを構築します。 LifeKeeper のインストールと起動 事前に、scp コマンド等を使用して仮想マシン上に LifeKeeper…

DataKeeper for Linuxクラスターの構成

LifeKeeper for Linux 評価ガイド » DataKeeper for Linux 評価ガイド » DataKeeper for Linuxクラスターの構成

メニュー

LifeKeeper for Linux テクニカルドキュメンテーション » LifeKeeper » LifeKeeper User Guide » LifeKeeper for Linux の使用 » GUI » メニュー

SIOS LifeKeeper for Linux…

付録: DB2 で RAW I/O を使用する設定

アプリケーションリカバリーキット » DB2 Recovery Kit 管理ガイド » 付録: DB2 で RAW I/O を使用する設定

DB2 インスタンスが LifeKeeper で保護されるように、DB2 で RAW I/O デバイスを設定するにはいくつか要件があります。 要件 Linux OS が RAW I/O…

GUI

LifeKeeper for Linux テクニカルドキュメンテーション » LifeKeeper » LifeKeeper User Guide » LifeKeeper for Linux の使用 » GUI

GUI のコンポーネントは、LifeKeeper Core…

ダイアログ

LifeKeeper for Linux テクニカルドキュメンテーション » LifeKeeper » LifeKeeper User Guide » ダイアログ

[In Service] ダイアログ [Out-of-Service Resource Properties] - [EquivalenciesResource] ダイアログ [Password] ダイアログ [Resource Properties] - [Equivalencies] [Resource Properties] -…

共通の作業

LifeKeeper for Linux テクニカルドキュメンテーション » LifeKeeper » LifeKeeper User Guide » LifeKeeper for Linux の使用 » 共通の作業

以下に、すべてのユーザが実行できる基本作業を示します。 ___________________________________________________________________________________________________________________________________________________ LifeKeeper の起動 LifeKeeper…

[Edit] メニュー - [Server]

LifeKeeper for Linux テクニカルドキュメンテーション » LifeKeeper » LifeKeeper User Guide » LifeKeeper for Linux の使用 » GUI » メニュー » [Edit] メニュー - [Server]

Disconnect - クラスタから切断します。 Refresh - GUI を最新情報に更新します。 View Logs - 接続しているサーバについて、LifeKeeper のログメッセージを表示します。 Create Resource Hierarchy -…

パラメーター一覧

パラメーター一覧

!LCMHBEATTIME は、デフォルトから変更しないでください。ネットワークやシステムに大きな負荷がかかると、LCMBEATTIME が 5…

プロパティパネル

LifeKeeper for Linux テクニカルドキュメンテーション » LifeKeeper » LifeKeeper User Guide » LifeKeeper for Linux の使用 » プロパティパネル

プロパティパネルには、ステータスの表から選択されたサーバまたはリソースのプロパティが表示されます。プロパティパネルは、[Server Properties] ダイアログ または [Resource Properties]…

サーバのコンテキストメニュー

LifeKeeper for Linux テクニカルドキュメンテーション » LifeKeeper » LifeKeeper User Guide » LifeKeeper for Linux の使用 » GUI » メニュー » サーバのコンテキストメニュー

サーバのコンテキストメニューは、ステータスの表 内にあるサーバアイコンを右クリックしたときに表示されます。このメニューは [Edit] メニューの [Server]…

任意の設定作業

LifeKeeper for Linux テクニカルドキュメンテーション » LifeKeeper » インストールと設定 » 任意の設定作業

[Confirm Failover] と [Block Resource Failover] の設定 サーバのシャットダウンストラテジーの設定 LifeKeeper ハートビートの調整 SPS API でカスタム証明書を使用する

リソースのコンテキストメニュー

LifeKeeper for Linux テクニカルドキュメンテーション » LifeKeeper » LifeKeeper User Guide » LifeKeeper for Linux の使用 » GUI » メニュー » リソースのコンテキストメニュー

リソースのコンテキストメニューは、ステータスの表 内にあるグローバル (クラスタ全体の) リソース (上図)、またはサーバ固有のリソースインスタンス (下図)…

その他のリソース

» LifeKeeper for Linux in the AWS Cloud (SAP) » スイッチオーバーおよびフェールオーバーのテスト » その他のリソース

AWS サービス Amazon EC2 https://aws.amazon.com/documentation/ec2/ AWS CloudFormation https://aws.amazon.com/documentation/cloudformation/ Amazon VPC https://aws.amazon.com/documentation/vpc/ SIOS Protection Suite for…

利用のための要件

» AWS Direct Connect クイックスタートガイド » 利用のための要件

本構成を利⽤するためには、環境を準備する段階で満たすべきいくつかの要件があります。以下に AWS 環境とその上に作成するインスタンスに関する要件をまとめます。 AWS…

利用のための要件

» Transit Gatewayを使用したLifeKeeperクラスターとクライアント間接続クイックスタートガイド » 利用のための要件

GUI の終了

LifeKeeper for Linux テクニカルドキュメンテーション » LifeKeeper » LifeKeeper User Guide » LifeKeeper for Linux の使用 » GUI の終了

[File] メニュー から [Exit] を選択すると、すべてのサーバから切断され、GUI のウィンドウが閉じます。

ルートテーブルの作成

LifeKeeper for Linux 評価ガイド » クラウド環境向けLifeKeeper for Linux 評価ガイド » ネットワークコンポーネントの構成とインスタンスの作成 » AWSでゼロからインスタンスを作成する » ルートテーブルの作成

ルートテーブルは、サブネット内のインスタンスからのトラフィックを転送する方法を定義します。 詳細については、AWSのドキュメント…

サーバのクラスタへの接続

LifeKeeper for Linux テクニカルドキュメンテーション » LifeKeeper » LifeKeeper User Guide » LifeKeeper for Linux の使用 » 共通の作業 » サーバのクラスタへの接続

開始するには、以下の 2 つの方法があります。 グローバルツールバー の [Connect] ボタンをクリックする。 [File] メニュー の [Connect] をクリックする。 [Cluster Connect] ダイアログ…

利用のための必要要件

» AWS VPC ピアリングによる LifeKeeper クラスター間接続クイックスタートガイド » 利用のための必要要件

本構成を利用するためには、環境を準備する段階で満たすべきいくつかの要件があります。以下に AWS 環境とその上に作成するインスタンスに関する要件をまとめます。 AWS…

リソース階層の拡張解除

LifeKeeper for Linux テクニカルドキュメンテーション » SIOS DataKeeper for Linux » インストールと設定 » リソースの設定作業 » リソース階層の拡張解除

LifeKeeper クラスタ内にある 1 台のサーバからリソース階層を削除するには、次の手順を実行します。 [Edit] メニューの [Resource] から [Unextend Resource Hierarchy] を選択してください。 DataKeeper…

サーバーのシャットダウンストラテジーの設定

LifeKeeper for Linux テクニカルドキュメンテーション » LifeKeeper » インストールと設定 » 任意の設定作業 » サーバーのシャットダウンストラテジーの設定

シャットダウンストラテジーは、サーバーがシャットダウンするときにバックアップサーバーにリソースをスイッチオーバーするかどうかを制御する LifeKeeper…

リソース階層の作成

LifeKeeper for Linux テクニカルドキュメンテーション » LifeKeeper » LifeKeeper 管理 » 管理作業 » リソース階層の作成

リソース階層の作成を開始するには、次の 4 つの方法があります。 *各種 ARK のライセンスを持たない Quorum ホストでリソース階層を作成することはできません。 サーバアイコン…

リソースのプロパティの表示

LifeKeeper for Linux テクニカルドキュメンテーション » LifeKeeper » LifeKeeper User Guide » LifeKeeper for Linux の使用 » 共通の作業 » リソースのプロパティの表示

開始するには、以下の 3 つの方法があります。 º プロパティを表示するリソース / サーバの組み合わせのアイコンを右クリックします。リソースのコンテキストメニュー が表示されたら、[…

要件

アプリケーションリカバリーキット » Recovery Kit for Route 53 管理ガイド » 要件

Recovery Kit for Route 53 をインストールして設定する前に、使用している設定が以下の要件を満たしていることを確認してください。 AWS Command Line Interface (AWS CLI) を全ての EC2…

クラスタからの切断

LifeKeeper for Linux テクニカルドキュメンテーション » LifeKeeper » LifeKeeper User Guide » LifeKeeper for Linux の使用 » 共通の作業 » クラスタからの切断

この作業は、選択したサーバ経由で、GUI クライアントをクラスタ内のすべてのサーバから切断します。 開始するには、以下の 3 つの方法があります。 グローバルツールバー の [ Disconnect ]…

Raw デバイスリソース階層の作成

LifeKeeper for Linux テクニカルドキュメンテーション » LifeKeeper » LifeKeeper 管理 » 管理作業 » リソース階層の作成 » Raw デバイスリソース階層の作成

このオプションは、Raw デバイスリソースを保護する場合に使用します。たとえば、既存のデータベース階層に追加する必要がある Raw…

Transit Gatewayを使用したLifeKeeperクラスターとクライアント間接続クイックスタートガイド

» Transit Gatewayを使用したLifeKeeperクラスターとクライアント間接続クイックスタートガイド

⽬的 AWS Transit Gateway、および AWS Transit Gateway inter-region peering のリリースにより、VPC(下図の VPC A)に配置された HA クラスターノードに、別リージョンの VPC(下図の VPC…

Azure の構成

» Microsoft Azure クイックスタートガイド » Availability Zone (高可用性ゾーン) » Azure の構成

Availability Zone を使用するには VM の作成時に以下のように設定します。 [Region] で「Availability zone」をサポートするリージョンを選択します。※1 [Availability options] 項目で「Availability…

Route53 パラメータ一覧

パラメーター一覧 » Route53 パラメータ一覧

下記の表に Route53 Recovery Kit の動作のチューニングパラメーターとその説明を示します。チューニングを行う場合には、 両ノードの /etc/default/LifeKeeper…

Oracle database listener リソース階層の作成

» Microsoft Azure クイックスタートガイド » LifeKeeper による HA クラスターの構築 » Oracle リソース階層の作成 » Oracle database listener リソース階層の作成

最初に Oracle Database Listener リソースを作成します。 Create Resource Hierarchy のアイコンをクリックしてリソース作成を開始します。 Create Resource ウィザードが表示されます。プルダウンメニューで…