このトピックにはありませんでした
他のトピックを検索して以下の内容を見つけました

マスターデーターベースとログファイルを複製されたストレージに再配置する

LifeKeeper for Linux 評価ガイド » クラウド環境向けLifeKeeper for Linux 評価ガイド » リソースの保護 » 他のリソース(データーベースまたはアプリケーション)を保護する方法 » Quick Service Protectionを使用したMicrosoft SQL Serverの保護 » マスターデーターベースとログファイルを複製されたストレージに再配置する

前述したように、データーは複製されたファイルシステム上に保存する必要があります。そのため、各コンポーネントには以下の場所を使用します。 アイテム 場所 Master DataBase Files…

ライセンスの取得方法

LifeKeeper for Linux インストレーションガイド » LifeKeeper 環境のセットアップ » LifeKeeper ライセンスについて » ライセンスの取得方法

日本の SIOS テクノロジーから購入されたお客様はユーザーポータルの 「ライセンス取得方法解説ページ 」 を参照ください。

ライセンスの取得方法

LifeKeeper Single Server Protection » LifeKeeper Single Server Protection インストレーションガイド » LifeKeeper Single Server Protection ライセンスについて » ライセンスの取得方法

日本の SIOS テクノロジーから購入されたお客様はユーザーポータルの 「ライセンス取得方法解説ページ 」 を参照ください。

AWS – ASCSおよびERSの仮想IPを作成する

LifeKeeper for Linux 評価ガイド » クラウド環境向けLifeKeeper for Linux 評価ガイド » リソースの保護 » 他のリソース(データーベースまたはアプリケーション)を保護する方法 » SAPリソースの保護 » ASCSおよびERSの仮想IPを作成する » AWS – ASCSおよびERSの仮想IPを作成する

ASCSおよびERSインスタンスに関連付けられた仮想IPアドレスを保護するためのリソースを作成する前に、node-aおよびnode-bで次の手順を完了する必要があります。 AWS CLIをインストールする EC2 Recovery…

SAPリソースの保護

LifeKeeper for Linux 評価ガイド » クラウド環境向けLifeKeeper for Linux 評価ガイド » リソースの保護 » 他のリソース(データーベースまたはアプリケーション)を保護する方法 » SAPリソースの保護

このセクションでは、SAP S/4HANA 1909 AS ABAP環境をデプロイし、LifeKeeper SAP Recovery Kitを使用してABAP SAP Central Services (ASCS) と対応するEnqueue Replication Server (ERS)…

ロードバランサーのヘルスチェックに応答する

LifeKeeper for Linux 評価ガイド » クラウド環境向けLifeKeeper for Linux 評価ガイド » リソースの保護 » クラウド環境でのノードの切り替え » ロードバランサーのヘルスチェックに応答する

LB Health Check Kit は、特定のリソースが現在 In-Service のクラスターノードにロードバランサートラフィックをルーティングするために、LifeKeeper…

AWS/Azure – SAP共有ファイルシステムおよびレプリケーションファイルシステムの作成

LifeKeeper for Linux 評価ガイド » クラウド環境向けLifeKeeper for Linux 評価ガイド » リソースの保護 » 他のリソース(データーベースまたはアプリケーション)を保護する方法 » SAPリソースの保護 » SAPファイルシステムを作成する » AWS/Azure – SAP共有ファイルシステムおよびレプリケーションファイルシステムの作成

*Note: このセクションは、AWSおよびMicrosoft Azureでのデプロイメントの場合の手順です。Google Cloudにデプロイする場合は、Google Cloud – SAP共有ファイルシステムの作成…

ファイルシステムのデータレプリケーションを作成する方法

LifeKeeper for Linux 評価ガイド » クラウド環境向けLifeKeeper for Linux 評価ガイド » リソースの保護 » ファイルシステムのデータレプリケーションを作成する方法

ノード間のデータレプリケーションのしくみ はRAID1 デバイスとして機能する NetRAID デバイスを作成します。 このガイドでは、例として次のパラメータを使用しています。DataKeeper…

Quick Service Protection (QSP) Recovery Kit

LifeKeeper for Linux テクニカルドキュメンテーション » LifeKeeper » LifeKeeper 管理 » 管理作業 » リソース階層の作成 » Quick Service Protection (QSP) Recovery Kit

はじめに QSP Recovery Kit は、OS のサービスを簡易的に保護する仕組みを提供します。OS の service コマンドまたは systemctl コマンドで起動 (start) ・停止 (stop)…

Quick Service Protection Recovery Kit メッセージカタログ

エラーコード一覧 » 総合メッセージカタログ » Quick Service Protection Recovery Kit メッセージカタログ

Control F を使用して、各カタログの特定のエラーコードを検索します。エラーコードの検索には、画面右上の検索ボックスをご利用ください。 …

Quick Service Protection (QSP) Recovery Kit

LifeKeeper Single Server Protection » LifeKeeper Single Server Protection テクニカルドキュメンテーション » LifeKeeper Single Server Protection の管理の概要 » Quick Service Protection (QSP) Recovery Kit

QSP Recovery Kit は、OSのサービスを簡易的に保護する仕組みを提供します。OSのserviceコマンドで起動 (start) ・停止 (stop) ができるサービスであれば、容易にリソースが作成できます。Generic…

Quick Service Protectionを使用したMicrosoft SQL Serverの保護

LifeKeeper for Linux 評価ガイド » クラウド環境向けLifeKeeper for Linux 評価ガイド » リソースの保護 » 他のリソース(データーベースまたはアプリケーション)を保護する方法 » Quick Service Protectionを使用したMicrosoft SQL Serverの保護

このセクションでは、Linux環境でMicrosoft SQL Server2017を保護するための手順を概説します *本ドキュメントでは、Microsoft SQL Server 2017(以後MSSQLとする)を例として説明します。Microsoft SQL Server 2012…

MSSQLリソースの設定

LifeKeeper for Linux 評価ガイド » クラウド環境向けLifeKeeper for Linux 評価ガイド » リソースの保護 » 他のリソース(データーベースまたはアプリケーション)を保護する方法 » Quick Service Protectionを使用したMicrosoft SQL Serverの保護 » MSSQLリソースの設定

マスターデータベースが複製されたストレージに再配置されたので、LifeKeeperを使用してMSSQLサーバーリソースを保護する準備が整いました。LifeKeeperで設定する前に、node-aでMSSQLを起動します …

[In Service] ダイアログ

LifeKeeper for Linux テクニカルドキュメンテーション » LifeKeeper » LifeKeeper User Guide » ダイアログ » [In Service] ダイアログ

Select a Server - 最初のダイアログのドロップダウンリストボックスには、LifeKeeper クラスタ内にあるサーバ名があります。 in service にするリソースインスタンスが存在する サーバ…

LifeKeeper Single Server Protection

LifeKeeper Single Server Protection

LifeKeeper Single Server Protection リリースノート LifeKeeper Single Server Protection インストレーションガイド

LifeKeeper Single Server Protection インストレーションガイド

LifeKeeper Single Server Protection » LifeKeeper Single Server Protection インストレーションガイド

LifeKeeper Single Server Protection for Linux について LifeKeeper Single Server Protection (SSP) は、単一ノード構成におけるアプリケーション監視を可能にします…

LifeKeeper Single Server Protection テクニカルドキュメンテーション

LifeKeeper Single Server Protection » LifeKeeper Single Server Protection テクニカルドキュメンテーション

LifeKeeper Single Server Protection for Linux について LifeKeeper Single Server Protection (SSP) は、単一ノード構成におけるアプリケーション監視を可能にします…

LifeKeeper GUI サーバプロセスの表示

LifeKeeper for Linux テクニカルドキュメンテーション » LifeKeeper » LifeKeeper User Guide » LifeKeeper for Linux の使用 » 共通の作業 » LifeKeeper GUI サーバプロセスの表示

LifeKeeper GUI サーバが動作していることを確認するには、以下のコマンドを入力してください。 ps -ef | grep runGuiSer 以下のような出力が表示されます。 root 2805 1 0 8:24 ?00:00:00 sh…

GUI サーバの開始 / 停止

LifeKeeper for Linux テクニカルドキュメンテーション » LifeKeeper » LifeKeeper User Guide » LifeKeeper for Linux の使用 » GUI » GUI の実行の準備 » GUI サーバの開始 / 停止

LifeKeeper GUI サーバを開始するには LifeKeeper GUI サーバが動作していない場合は、 root として以下のコマンドを入力してください。 /opt/LifeKeeper/bin/lkGUIserver start このコマンドは、管理しているサーバで…

[Out-of-Service Resource] ダイアログ

LifeKeeper for Linux テクニカルドキュメンテーション » LifeKeeper » LifeKeeper User Guide » ダイアログ » [Out-of-Service Resource] ダイアログ

Select a Resource - このダイアログのリストには、LifeKeeper クラスタ内で in service になっているすべてのリソースの名前があります。out of service にするリソースを選択してください。 *注記 :…

LifeKeeper Single Server Protection for Linux リリースノート

LifeKeeper Single Server Protection » LifeKeeper Single Server Protection for Linux リリースノート

Version 9.6.2 リリース日: September 21, 2022 重要!…

LifeKeeper Single Server Protection ソフトウェアのインストール

LifeKeeper Single Server Protection » LifeKeeper Single Server Protection インストレーションガイド » LifeKeeper Single Server Protection ソフトウェアのインストール

本ページでは Linux OS について基本的な知識がある方にむけて LifeKeeper Single Server Protection Software (SSP) のインストールについて説明しています。その他詳細については LifeKeeper Single Server Protection…

LifeKeeper Single Server Protection ハートビートと VMware HA

LifeKeeper Single Server Protection » LifeKeeper Single Server Protection テクニカルドキュメンテーション » LifeKeeper Single Server Protection の管理の概要 » LifeKeeper Single Server Protection ハートビートと VMware HA

LifeKeeper Single Server Protection ハートビートは、保護対象のアプリケーションが正常であることを示すために、(VMware ゲスト OS で動作し、HA が有効である場合、10 秒ごとに) VMware HA…

リソースを In Service にする

LifeKeeper for Linux テクニカルドキュメンテーション » LifeKeeper » LifeKeeper User Guide » LifeKeeper for Linux の使用 » オペレータの作業 » リソースを In Service にする

*注記: LifeKeeper は、リソースを階層の最下位から最上位へ順に In Service にします。1つの階層内のすべてのリソースを In Service…

/dataKeeper/MSSQLの下のフォルダーの名前を変更する

LifeKeeper for Linux 評価ガイド » クラウド環境向けLifeKeeper for Linux 評価ガイド » リソースの保護 » 他のリソース(データーベースまたはアプリケーション)を保護する方法 » Quick Service Protectionを使用したMicrosoft SQL Serverの保護 » /dataKeeper/MSSQLの下のフォルダーの名前を変更する

これまでに、以下のタスクが完了しました。 node-aにデーターベースを作成 datarep-datakeeper リソースをnode-bにスイッチオーバー ステップ1で、新しく作成されたSQLデータベースに関する情報が…

LifeKeeper GUI ソフトウェアパッケージ

LifeKeeper for Linux テクニカルドキュメンテーション » LifeKeeper » LifeKeeper User Guide » LifeKeeper for Linux の使用 » GUI » GUI の概要 – 全般 » LifeKeeper GUI ソフトウェアパッケージ

LifeKeeper GUI は、LifeKeeper Core パッケージクラスタにバンドルされている steeleye-lkGUI ソフトウェアパッケージに含まれています。 steeleye-lkGUI パッケージは、以下の動作を実行します。 Java…

LifeKeeper Single Server Protection ライセンスについて

LifeKeeper Single Server Protection » LifeKeeper Single Server Protection インストレーションガイド » LifeKeeper Single Server Protection ライセンスについて

LifeKeeper Single Server Protection for Linux (SSP) では、サーバーごとに一意のライセンスが必要です。 ライセンスは、ランタイムライセンスです。つまり、SSP…

LifeKeeper Single Server Protection のインストールの検証

LifeKeeper Single Server Protection » LifeKeeper Single Server Protection インストレーションガイド » LifeKeeper Single Server Protection のインストールの検証

LifeKeeper Single Server Protection パッケージが正常にインストールされたことを確認するには、コマンドラインで次のように入力してください。 rpm -V 注記:…

Out-of-Service 階層の復旧

LifeKeeper for Linux テクニカルドキュメンテーション » LifeKeeper » トラブルシューティング » Out-of-Service 階層の復旧

LifeKeeper サーバの障害からの復旧の一環として、障害が発生したサーバで設定されているものの、サーバの障害時にどのサーバでも In Service ではなかったリソース階層が、障害時に最優先で Alive…

DataKeeper リソースを In Service にする

LifeKeeper for Linux テクニカルドキュメンテーション » SIOS DataKeeper for Linux » インストールと設定 » リソースの設定作業 » DataKeeper リソースを In Service にする

DataKeeper リソースを In Service にする操作は、リソースの作成と似ています。LifeKeeper は nbd サーバとクライアントを起動し、ソースとターゲットのデバイス間でデータを同期する md…

リソースを Out of Service にする

LifeKeeper for Linux テクニカルドキュメンテーション » LifeKeeper » LifeKeeper User Guide » LifeKeeper for Linux の使用 » オペレータの作業 » リソースを Out of Service にする

*注記: LifeKeeper は、リソースを階層の最上位のリソースから下位のリソースへ、順に Out of Service にします。階層全体(子リソースを持つ親)を Out of Service にしたい場合は、最下位レベルのリソースを…

LifeKeeper Single Server Protection の管理の概要

LifeKeeper Single Server Protection » LifeKeeper Single Server Protection テクニカルドキュメンテーション » LifeKeeper Single Server Protection の管理の概要

LifeKeeper Single Server Protection は操作時に管理を必要としません。LifeKeeper Single Server Protection…

SAP Protection / Recovery Level レベルの推奨事項

アプリケーションリカバリーキット » SAP Recovery Kit 管理ガイド » SAP の管理 » SAP Protection / Recovery Level レベルの推奨事項

SAP Recovery Kit ASCS/ERS リソース タイプの設定 LifeKeeper バージョン SAP Kit リソースタイプ ENSA/ERS バージョン デフォルト Protection Level デフォルト Recovery Level 9.3.2 以前 …

DataKeeper リソースを Out of Service にする

LifeKeeper for Linux テクニカルドキュメンテーション » SIOS DataKeeper for Linux » インストールと設定 » リソースの設定作業 » DataKeeper リソースを Out of Service にする

DataKeeper リソースを Out of Service にすると、LifeKeeper によるリソースの保護が解除されます。ミラーが解除され、ファイルシステムがアンマウントされます(該当する場合)。 md デバイスが停止し、 nbd…

フェイルオーバ中または In Service の SAP エラーメッセージ

アプリケーションリカバリーキット » SAP Recovery Kit 管理ガイド » SAP トラブルシューティング » フェイルオーバ中または In Service の SAP エラーメッセージ

SAP のフェイルオーバ後、SAP ログにエラーメッセージが記録されます。エラーメッセージの多くは正常であり、無視できます。 DB 障害発生時 BVx: Work Process is in reconnect status – …

LifeKeeper Single Server Protection で保護するシステムのメンテナンス

LifeKeeper Single Server Protection » LifeKeeper Single Server Protection テクニカルドキュメンテーション » LifeKeeper Single Server Protection の管理の概要 » VMware HA を有効化した障害検出およびリカバリシナリオ » LifeKeeper Single Server Protection で保護するシステムのメンテナンス

LifeKeeper Single Server Protection で保護されているサーバでシステムまたはアプリケーションのメンテナンスを実行するときには、LifeKeeper Single Server Protection…

ファイアウォールを使用した状態での LifeKeeper の実行

LifeKeeper for Linux テクニカルドキュメンテーション » LifeKeeper » LifeKeeper User Guide » LifeKeeper for Linux の使用 » メンテナンス作業 » ファイアウォールを使用した状態での LifeKeeper の実行

以下のネットワークアクセス要件を満たす場合、LifeKeeper for Linux は、同一サーバー上にファイアウォールを設定した状態で実行できます。 *注記:…

VMware HA と LifeKeeper Single Server Protection の連携を有効にする

LifeKeeper Single Server Protection » LifeKeeper Single Server Protection テクニカルドキュメンテーション » LifeKeeper Single Server Protection の管理の概要 » VMware HA と LifeKeeper Single Server Protection の連携を有効にする

デフォルトでは、VMware VM 上にインストールした場合、LifeKeeper Single Server Protection と VMware HA の連携は無効になっています。連携を有効にするには、以下の手順が必要です。 LifeKeeper Single Server…

LifeKeeper の GUI の設定

LifeKeeper for Linux テクニカルドキュメンテーション » LifeKeeper » LifeKeeper User Guide » LifeKeeper for Linux の使用 » GUI » GUI の実行の準備 » LifeKeeper の GUI の設定

GUI 管理用の LifeKeeper サーバーの設定 各 LifeKeeper サーバーについて、以下の手順を実行してください。各手順には、詳細手順の参照先またはリンクがあります。 各サーバーに、Java 実行時環境 (JRE)…

LifeKeeper ソフトウェアのインストール

LifeKeeper for Linux インストレーションガイド » LifeKeeper ソフトウェアのインストール

本ページでは Linux OS について基本的な知識がある方にむけて LifeKeeper for Linux のインストールについて説明しています。 その他詳細については LifeKeeper for Linux テクニカルドキュメンテーション…

Java のセキュリティポリシー

LifeKeeper for Linux テクニカルドキュメンテーション » LifeKeeper » LifeKeeper User Guide » LifeKeeper for Linux の使用 » GUI » GUI の実行の準備 » Java のセキュリティポリシー

LifeKeeper の GUI は、ポリシーベースのアクセス制御を使用します。GUI クライアントのロード時に、現在有効なセキュリティポリシーに基づいて権限がGUI…

他のリソース(データーベースまたはアプリケーション)を保護する方法

LifeKeeper for Linux 評価ガイド » クラウド環境向けLifeKeeper for Linux 評価ガイド » リソースの保護 » 他のリソース(データーベースまたはアプリケーション)を保護する方法

DataKeeper for Linuxクラスターの構成

LifeKeeper for Linux 評価ガイド » DataKeeper for Linux 評価ガイド » DataKeeper for Linuxクラスターの構成

リソースの保護

LifeKeeper for Linux 評価ガイド » クラウド環境向けLifeKeeper for Linux 評価ガイド » リソースの保護

LifeKeeper を使用した一般的なリソース保護シナリオ LifeKeeper…

パラメーター一覧

パラメーター一覧

!LCMHBEATTIME は、デフォルトから変更しないでください。ネットワークやシステムに大きな負荷がかかると、LCMBEATTIME が 5…

両方のノードでLocalRecoveryパラメーターをカスタマイズする

LifeKeeper for Linux 評価ガイド » クラウド環境向けLifeKeeper for Linux 評価ガイド » リソースの保護 » 他のリソース(データーベースまたはアプリケーション)を保護する方法 » Quick Service Protectionを使用したMicrosoft SQL Serverの保護 » 両方のノードでLocalRecoveryパラメーターをカスタマイズする

Quick Service Protection…

IPv6 - 既知の問題と制限

LifeKeeper for Linux テクニカルドキュメンテーション » LifeKeeper » トラブルシューティング » 既知の問題と制限 » IPv6 - 既知の問題と制限

説明 SIOS は、 ifconfig コマンドから  ip  コマンドの使用に移行しました。この変更のため、外部スクリプトを使用するお客様も、同様の変更を行うことを推奨します。 ifconfig…

プロパティパネル

LifeKeeper for Linux テクニカルドキュメンテーション » LifeKeeper » LifeKeeper User Guide » LifeKeeper for Linux の使用 » プロパティパネル

プロパティパネルには、ステータスの表から選択されたサーバまたはリソースのプロパティが表示されます。プロパティパネルは、[Server Properties] ダイアログ または [Resource Properties]…

[Resource Properties] ダイアログ

LifeKeeper for Linux テクニカルドキュメンテーション » LifeKeeper » LifeKeeper User Guide » LifeKeeper for Linux の使用 » 共通の作業 » [Resource Properties] ダイアログ

[Resource Properties] ダイアログは、[Edit] メニュー やリソースコンテキストメニュー から使用できます。このダイアログには、サーバ上にある特定のリソースのプロパティが表示されます。[Edit]…

Azure の構成

» Microsoft Azure クイックスタートガイド » Availability Zone (高可用性ゾーン) » Azure の構成

Availability Zone を使用するには VM の作成時に以下のように設定します。 [Region] で「Availability zone」をサポートするリージョンを選択します。※1 [Availability options] 項目で「Availability…

Pluggable Database の移行

アプリケーションリカバリーキット » Oracle® Recovery Kit 管理ガイド » 付録 » Pluggable Database の移行

LifeKeeper…

Oracleリソースの保護(PDBを除く)

LifeKeeper for Linux 評価ガイド » クラウド環境向けLifeKeeper for Linux 評価ガイド » リソースの保護 » 他のリソース(データーベースまたはアプリケーション)を保護する方法 » Oracleリソースの保護(PDBを除く)

LifeKeeperのインストール

LifeKeeper for Linux 評価ガイド » DataKeeper for Linux 評価ガイド » LifeKeeperのインストール

簡単にインストールが行えるよう、LifeKeeper にはインストールスクリプトが付いています。スクリプトの最後で所望のApplication Recovery Kit…

OSの設定

» Microsoft Azure クイックスタートガイド » 仮想マシンの構築、OS の起動 » OSの設定

作成した3台の仮想マシンに対して OS 設定を行い、LifeKeeper がインストールできるようにします。 仮想マシンへのログイン 両クラスターノードおよびクライアント…

VMware HA を有効化した障害検出およびリカバリシナリオ

LifeKeeper Single Server Protection » LifeKeeper Single Server Protection テクニカルドキュメンテーション » LifeKeeper Single Server Protection の管理の概要 » VMware HA を有効化した障害検出およびリカバリシナリオ

LifeKeeper ソフトウェアのインストール

アプリケーションリカバリーキット » SAP MaxDB Recovery Kit 管理ガイド » LifeKeeper での SAP MaxDB の設定 » LifeKeeper ソフトウェアのインストール

SAP MaxDB ソフトウェアをインストールし、データベースを作成して User_Key を作成したら、LifeKeeper Core ソフトウェアと必要なパッチのインストール後に SAP MaxDB Recovery Kit…

LifeKeeper の設定手順

LifeKeeper for Linux テクニカルドキュメンテーション » LifeKeeper » インストールと設定 » LifeKeeper の設定手順

LifeKeeperインストールガイドの説明に従って LifeKeeper 環境をインストールした場合、クラスタ内の各サーバーで…

x11転送を使用したLinuxノードへの接続

LifeKeeper for Linux 評価ガイド » クラウド環境向けLifeKeeper for Linux 評価ガイド » ログインと基本設定タスク » x11転送を使用したLinuxノードへの接続

X Window…

Oracleリソースのスイッチオーバーをテストする

LifeKeeper for Linux 評価ガイド » クラウド環境向けLifeKeeper for Linux 評価ガイド » リソースの保護 » 他のリソース(データーベースまたはアプリケーション)を保護する方法 » Oracleリソースの保護(PDBを除く) » Oracleリソースのスイッチオーバーをテストする

全般項目

アプリケーションリカバリーキット » PostgreSQL Recovery Kit 管理ガイド » PostgreSQL トラブルシューティング » 全般項目

以下のエラーメッセージおよび状態は PostgreSQL Recovery Kit 使用時に表示される可能性があります。 エラー 解決方法 Unable to protect PostgreSQL database using the same port as another LK protected…

Google Cloud – 内部ロードバランサーの使用

LifeKeeper for Linux 評価ガイド » クラウド環境向けLifeKeeper for Linux 評価ガイド » リソースの保護 » クラウド環境でのノードの切り替え » Google Cloud – 内部ロードバランサーの使用

ここでは、トラフィックをアクティブノードにルーティングする内部ロードバランサーを作成して、Google Cloud…

ダイアログ

LifeKeeper for Linux テクニカルドキュメンテーション » LifeKeeper » LifeKeeper User Guide » ダイアログ

[In Service] ダイアログ [Out-of-Service Resource Properties] - [EquivalenciesResource] ダイアログ [Password] ダイアログ [Resource Properties] - [Equivalencies] [Resource Properties] -…

メニュー

LifeKeeper for Linux テクニカルドキュメンテーション » LifeKeeper » LifeKeeper User Guide » LifeKeeper for Linux の使用 » GUI » メニュー

SIOS LifeKeeper for Linux…

Azure – 内部ロードバランサーの使用

LifeKeeper for Linux 評価ガイド » クラウド環境向けLifeKeeper for Linux 評価ガイド » リソースの保護 » クラウド環境でのノードの切り替え » Azure – 内部ロードバランサーの使用

[Edit] メニュー - [Resource]

LifeKeeper for Linux テクニカルドキュメンテーション » LifeKeeper » LifeKeeper User Guide » LifeKeeper for Linux の使用 » GUI » メニュー » [Edit] メニュー - [Resource]

In Service - リソース階層を in service にします。 Out of Service - リソース階層を out of service にします。 Extend Resource Hierarchy -…

Microsoft SQL Server 2017のインストール

LifeKeeper for Linux 評価ガイド » クラウド環境向けLifeKeeper for Linux 評価ガイド » リソースの保護 » 他のリソース(データーベースまたはアプリケーション)を保護する方法 » Quick Service Protectionを使用したMicrosoft SQL Serverの保護 » Microsoft SQL Server 2017のインストール

*両方のノードにMSSQLをインストールします。 MicrosoftのSQL Server on Linux のインストール ガイド guide…

階層リソースのリストア、削除、リカバリ時のメッセージとエラー

アプリケーションリカバリーキット » Apache Recovery Kit 管理ガイド » Apache Web Serverトラブルシューティング » 階層リソースのリストア、削除、リカバリ時のメッセージとエラー

以下のトピックに含まれるエラーメッセージは、LifeKeeper のエラーログに出力されます。 このエラーログは、「lk_log log」と入力すると表示できます。 Apache リソースを In Service にするとき…

すべての DB2 構成に共通する設定の検討事項

アプリケーションリカバリーキット » DB2 Recovery Kit 管理ガイド » LifeKeeper for Linux DB2 Recovery Kit の設定 » すべての DB2 構成に共通する設定の検討事項

DB2 インスタンス名に使用する文字は英数字だけにする必要があります。 DB2 クライアントは、LifeKeeper が保護している IP アドレス経由でデータベースに接続するよう設定する必要があります。…

PostgreSQL リソースのための LifeKeeper 設定項目

アプリケーションリカバリーキット » PostgreSQL Recovery Kit 管理ガイド » インストール » PostgreSQL リソースのための LifeKeeper 設定項目

PostgreSQL Recovery Kit には、特定のシナリオでリソース保護をカスタマイズできるように、設定項目のための環境変数が用意されています。これらの変数の値を変更するには、ファイル /etc/default/LifeKeeper…

SAP MaxDB Recovery Kit エラーメッセージ

アプリケーションリカバリーキット » SAP MaxDB Recovery Kit 管理ガイド » SAP MaxDB トラブルシューティング » SAP MaxDB Recovery Kit エラーメッセージ

エラー番号 メッセージ 111000 Usage: %s independent_program_path 111001 Usage: %s %s %s 111002 No value specified to script %s for input argument %s. 111003 User %s with User_Key…

LifeKeeper Core

LifeKeeper for Linux テクニカルドキュメンテーション » LifeKeeper » はじめに » LifeKeeper Core

LifeKeeper Core は、以下の 4 つの主要コンポーネントで構成されています。 LifeKeeper Core ソフトウェア File System、Generic Application、Raw I/O、 IP、および Quick Service Protection (QSP) の Recovery Kit…

GUI

LifeKeeper for Linux テクニカルドキュメンテーション » LifeKeeper » LifeKeeper User Guide » LifeKeeper for Linux の使用 » GUI

GUI のコンポーネントは、LifeKeeper Core…

SAP Recovery Kit – 既知の問題と制限

LifeKeeper for Linux テクニカルドキュメンテーション » LifeKeeper » トラブルシューティング » 既知の問題と制限 » SAP Recovery Kit – 既知の問題と制限

SAP Recovery Kit 説明 コミュニケーションパス復旧時に ERS v2 リソースに対してスプリットブレインが発生する可能性があります SAP クラスターで Quorum が構成されていて、ASCS と ERS v2…

DB2 トラブルシューティング

アプリケーションリカバリーキット » DB2 Recovery Kit 管理ガイド » DB2 トラブルシューティング

症状 考えられる要因 1 つ以上の DB2 EEE パーティション サーバーの開始に失敗する db2nodes.cfg ファイルのポート番号が /etc/services…

任意の設定作業

LifeKeeper for Linux テクニカルドキュメンテーション » LifeKeeper » インストールと設定 » 任意の設定作業

[Confirm Failover] と [Block Resource Failover] の設定 サーバのシャットダウンストラテジーの設定 LifeKeeper ハートビートの調整 SPS API でカスタム証明書を使用する

設定上の考慮事項

アプリケーションリカバリーキット » PostgreSQL Recovery Kit 管理ガイド » 設定上の考慮事項

本セクションでは、PostgreSQL Recovery Kit の設定と管理を開始する前に考慮すべき事項について説明します。 PostgreSQL の保護: ベストプラクティス DataKeeper…

PostgreSQL リソース階層

アプリケーションリカバリーキット » PostgreSQL Recovery Kit 管理ガイド » PostgreSQL リソース階層

以下の例は典型的な PostgreSQL リソース階層を示しています。   上記の例の依存関係は、以下の保護されるリソースに対応しています。  リソース PostgreSQL…

LifeKeeper で mysqld グループを使用する

アプリケーションリカバリーキット » MySQL Recovery Kit 管理ガイド » 設定上の考慮事項 » LifeKeeper で mysqld グループを使用する

MySQL Application Recovery Kit は、mysqld_multi を介して管理される mysqld グループ機能を使用した my.cnf ファイルをサポートします。この MySQL の機能を使用すると、単一の my.cnf ファイル (通常 /etc…

LifeKeeper WebSphere MQ Recovery Kit のデフォルト設定の変更

アプリケーションリカバリーキット » WebSphere MQ Recovery Kit 管理ガイド » LifeKeeper の設定作業 » リソースプロパティ設定の編集 » LifeKeeper WebSphere MQ Recovery Kit のデフォルト設定の変更

IBM WebSphere MQ Recovery Kit…

リソースエラーのリカバリーシナリオ

LifeKeeper for Linux テクニカルドキュメンテーション » LifeKeeper » はじめに » 障害検出とリカバリーのシナリオ » リソースエラーのリカバリーシナリオ

LifeKeeper は、LifeKeeper が保護するリソースのステータスと健全性をチェックするリアルタイムデーモンモニター lkcheck を装備しています。 In Service の各リソースについて、 lkcheck…

SAP MaxDB リソース階層の拡張

アプリケーションリカバリーキット » SAP MaxDB Recovery Kit 管理ガイド » リソース設定作業 » SAP MaxDB リソース階層の拡張

この操作は、 [Edit] メニューから開始することも、 [Create Resource Hierarchy] オプションの完了時に自動的に開始することもできます。その場合は、以下の手順2を参照してください。 [Edit] メニューの…

ミラーを強制的にオンラインにする

LifeKeeper for Linux テクニカルドキュメンテーション » SIOS DataKeeper for Linux » 管理 » GUI からのミラーの管理 » ミラーを強制的にオンラインにする

[Force Mirror Online] は、両方のサーバが動作不能になり、かつプライマリサーバの再起動後にリソースを In Service にできない場合にのみ使用してください。 [Force Mirror Online] を選択すると、 data_corrupt…

リソース階層作成時のエラーメッセージ

アプリケーションリカバリーキット » Postfix Recovery Kit 管理ガイド » Postfix トラブルシューティング » リソース階層作成時のエラーメッセージ

エラー エラーメッセージ No config path コンフィグレーションパスが指定されていません。コンフィグレーションパスを指定してください。 main.cf not found in the configuration…

ネットワーク設定の確認

LifeKeeper for Linux インストレーションガイド » LifeKeeper 環境のセットアップ » ネットワーク設定の確認

LifeKeeper…

リソースのコンテキストメニュー

LifeKeeper for Linux テクニカルドキュメンテーション » LifeKeeper » LifeKeeper User Guide » LifeKeeper for Linux の使用 » GUI » メニュー » リソースのコンテキストメニュー

リソースのコンテキストメニューは、ステータスの表 内にあるグローバル (クラスタ全体の) リソース (上図)、またはサーバ固有のリソースインスタンス (下図)…

階層拡張時のエラー

アプリケーションリカバリーキット » Apache Recovery Kit 管理ガイド » Apache Web Serverトラブルシューティング » 階層拡張時のエラー

Apache 階層の拡張時に表示されるエラーメッセージを、説明とともに以下に示します。これらのエラーメッセージは、GUI が「Executing the pre-extend…

リソース階層作成時のエラーメッセージ

アプリケーションリカバリーキット » Samba Recovery Kit 管理ガイド » Samba トラブルシューティング » リソース階層作成時のエラーメッセージ

エラー番号 エラーメッセージ 説明 109001 Usage: "valid_cf"CfgPath CfgName TemplateSys (使用法:"valid_cf" CfgPath CfgName TemplateSys) valid_cf…

既知の問題と回避策

LifeKeeper Single Server Protection » LifeKeeper Single Server Protection テクニカルドキュメンテーション » トラブルシューティング » 既知の問題と回避策

下記に、LifeKeeper Single Server Protection で明らかになっている制限または既知の問題を示します。 Core バグ 2257 LifeKeeper Single Server Protection および SIOS Protection Suite のノードに credstore…

コマンドラインからのミラーステータスの監視

LifeKeeper for Linux テクニカルドキュメンテーション » SIOS DataKeeper for Linux » 管理 » コマンドラインからのミラーステータスの監視

通常、ミラーステータスは、LifeKeeper の GUI から、 [Resource Properties] ダイアログの [Replication Status]…

SAP Recovery Kit のチューニング

アプリケーションリカバリーキット » SAP Recovery Kit 管理ガイド » SAP の管理 » SAP Recovery Kit のチューニング

リソース階層の作成

アプリケーションリカバリーキット » Oracle® Recovery Kit 管理ガイド » Oracle Recovery Kitの設定タスク » リソース階層の作成

注記: Oracle Net リモートクライアントアクセスを利用するには、クライアントの接続に使用する IP アドレスが、Oracle リソース階層に依存関係を持っている LifeKeeper…

リソースポリシー管理

アプリケーションリカバリーキット » SAP Recovery Kit 管理ガイド » リソースポリシー管理

*注記: SPS-L バージョン 9.3.2 以降では、LifeKeeper UI の SSHCC アクションメニューを介して、SAP 階層の HA メンテナンスモードを有効にできます。詳細については、SAP メンテナンスモード…

全同期の回避

LifeKeeper for Linux テクニカルドキュメンテーション » SIOS DataKeeper for Linux » 管理 » 全同期の回避

大量のデータを WAN リンク経由で複製する場合、膨大なネットワーク帯域幅と時間を消費する可能性がある全同期は避けることが望ましいです。新しいカーネルと共に使用する場合、SIOS DataKeeper…

共通の作業

LifeKeeper for Linux テクニカルドキュメンテーション » LifeKeeper » LifeKeeper User Guide » LifeKeeper for Linux の使用 » 共通の作業

以下に、すべてのユーザが実行できる基本作業を示します。 ___________________________________________________________________________________________________________________________________________________ LifeKeeper の起動 LifeKeeper…

tcp_remote モード

LifeKeeper for Linux テクニカルドキュメンテーション » LifeKeeper » インストールと設定 » LifeKeeper I-O フェンシングの概要 » Quorum/Witness » tcp_remote モード

コミュニケーションパスから独立したホストに対して、指定されたポート上の TCP/IP サービスに接続確認を行い、Quorum チェックを行います。指定されたホストの過半数に接続できることで、Quorum…

SIOS DataKeeper の仕組み

LifeKeeper for Linux テクニカルドキュメンテーション » SIOS DataKeeper for Linux » SIOS DataKeeper の仕組み

SIOS DataKeeper は、NetRAID デバイスを作成して保護します。NetRAID デバイスは RAID1…

LifeKeeper MQ クラスタのアップグレード

アプリケーションリカバリーキット » WebSphere MQ Recovery Kit 管理ガイド » 要件 » LifeKeeper MQ クラスタのアップグレード

WebSphere MQ Recovery Kit を含むクラスタ内のすべてのノード上の SPS を、SIOS Protection Suite インストールガイド の「Upgrading…

LifeKeeper 管理

LifeKeeper for Linux テクニカルドキュメンテーション » LifeKeeper » LifeKeeper 管理

概要 LifeKeeper は操作時に管理を必要としません。LifeKeeper…

SAP MaxDB リソース階層の作成

アプリケーションリカバリーキット » SAP MaxDB Recovery Kit 管理ガイド » リソース設定作業 » SAP MaxDB リソース階層の作成

以下の手順をプライマリサーバーで実行してください。 [Edit] メニューの [Server] から [Create Resource Hierarchy] を選択します。 Create Resource Wizard…

PostgreSQL Recovery Kit の旧バージョンからのアップグレード

アプリケーションリカバリーキット » PostgreSQL Recovery Kit 管理ガイド » インストール » PostgreSQL Recovery Kit の旧バージョンからのアップグレード

旧バージョンの SPS for Linux の PostgreSQL ソフトウェアからのアップグレード時、既存の SPS PostgreSQL リソースのインスタンスは変更されます。SPS…