SPS の構成は、SPS for Linux SAP MaxDB Recovery Kit をインストールする前に、以下の要件を満たしている必要があります。SPS ハードウェアとソフトウェアのインストールと設定に関する具体的な手順については、SPS for Linux インストールガイド を参照してください。

ハードウェア要件

  • IP ネットワークインターフェースカード - 各サーバーには、イーサネット TCP/IP 対応のネットワークインターフェースカードが少なくとも1つ必要です。また、SPS クラスターには最低2つのコミュニケーションパスが必要です。ハートビートには、独立した2つのサブネットを使用する2つの LAN ベースの通信パスが推奨され、少なくとも1つはプライベートネットワークとして構成する必要があります。TCP と TTY ハートビートの組み合わせもサポートしています。

ソフトウェア要件

  • TCP/IP ソフトウェアSPS 構成の各サーバーにTCP/IP ソフトウェアが必要です。
  • SAP MaxDB ソフトウェア – 「SIOS Protection Suite for Linux サポートマトリックス」に記載されている、サポートされているバージョンの SAP MaxDB ソフトウェアをインストールする必要があります。

    注記: クラスター内のすべてのサーバーに同じバージョンの SAP MaxDB ソフトウェアをインストールする必要があります。

  • SPS ソフトウェア – 同じバージョンの SPS ソフトウェアをインストールし、クラスター内の各サーバーに同じバージョンの SPS ソフトウェアパッチを適用してください。
  • SPS for Linux SAP MaxDB Recovery KitSAP MaxDB Recovery Kit は、SPS for Linux インストールイメージファイル(Steeleye-lkSAPDB)で提供しています。Red Hat Package Manager(RPM)を使用して、パッケージング、インストール、削除を行います。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信