コマンドラインを使用して、SAP Recovery Kit を設定できます。 

コマンドラインによる SAP リソースの作成

プライマリサーバから、以下のコマンドを実行します。

$LKROOT/lkadm/subsys/appsuite/sap/bin/create <primary sys> <tag> <SAP SID> <SAP Instance> <switchback type> <IP Tag> <Protection Level> <Recovery Level> <Additional SAP Dependents>

例:
$LKROOT/lkadm/subsys/appsuite/sap/bin/create liono SAP-STC_SCS00 STC SCS00 intelligent ip-sap10 Full Full none

注記:

  • Switchback Type - この選択によって、バックアップサーバへのフェイルオーバの後、SAP インスタンスが In Service に戻るときに、このサーバにどのようにスイッチバックされるのかが決まります。 intelligent または automatic を選択できます。intelligent の場合、インスタンスをプライマリ / オリジナルサーバにスイッチバックするときに管理者の介入が必要になります。automatic すなわち自動スイッチバック の場合、プライマリサーバがオンラインに戻り、LifeKeeper のコミュニケーションパスを再確立した直後に自動的にスイッチバックが行われます。
  • IP Tag - SAP リソース階層の依存リソースになる IP リソースを表します。
  • Protection Level - Protection Level は、各リソースに実行できるアクションを表します。
  • Recovery Level - Recovery Level は、障害発生時のリソースに対する指示を提供します。
  • Additional SAP Dependents - この値は、現在作成しようとしている SAP リソースの依存リソースになる LifeKeeper SAP リソースタグを表します。

コマンドラインによる SAP リソースの拡張

SAP リソースの拡張では、既存の階層をあるサーバからコピーし、同様の階層を別の LifeKeeper サーバに作成します。コマンドラインでリソースを拡張するには、以下のコマンドを実行してください。 

system "$LKROOT/lkadm/bin/extmgrDoExtend.pl -p 1 -f, \"$tag\" \"$backupnode\"
\"$priority\" \"$switchback\" \\\"$sapbundle\\\"";

例: 使いやすくするために、シンプルなスクリプトを使用できます。

#!/etc/default/LifeKeeper-perl
require "/etc/default/LifeKeeper.pl";
my $lkroot="$ENV{LKROOT}";
my $tag="SAP";
my $backupnode="snarf";
my $switchback="INTELLIGENT";
my $priority=10;
$sapbundle = "\"$tag\",\"$tag\"";
system "$lkroot/lkadm/bin/extmgrDoExtend.pl -p 1 -f, \"$tag\" \"$backupnode\"
\"$priority\" \"$switchback\" \\\"$sapbundle\\\"";

フィードバック

お役に立ちましたか?

はい いいえ
お役に立ちましたか
理由をお聞かせください
フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信

Cassius Rhue 書き出しました: Nov 23, 2021

I think we should remove this section of perl feedback and replace it with the lkcli examples for create and extend