1. 同様の手順で、クラスターノード(待機系)に使用する仮想マシンを作成します。基本設定は、以下の値を使用します。
Basics
項目 入力もしくは選択する値 備考
INSTANCE DETAILS
Virtual machine name lk4lnode02

その他の設定はすべて稼働系と同じにしてください。

ディスク設定は、以下の値を使用します。

Disks
項目 入力もしくは選択する値 備考
DATA DISKS (1st)
LUN 0
NAME (create and attach a new disk)

lklnode02_DataDisk_0
DATA DISKS (2nd)
LUN 1
NAME (create and attach a new disk)

lklnode02_DataDisk_1
任意の入力値

その他の設定はすべて稼働系と同じにしてください。

ネットワーク設定は、以下の値を使用します。

Networking
項目 入力もしくは選択する値 備考
Public IP (create new)

Name:lk4lnode02pubip

SKU:Basic

Assignment:Static
*注1

注1: 本手順ではインターネット経由でアクセスするため、Public IP を設定しています。

その他の設定はすべて稼働系と同じにしてください。

  1. 必要に応じて管理設定、詳細設定、タグ設定を行い、最後に Review + create をクリックします。
  1. 内容を確認し、 Create をクリックします。
  1. このあとネットワーク設定変更を行うため、一旦仮想マシンを停止します。
  1. 1つめのネットワークインターフェースを静的 IP アドレスに変更します。 Azure Portal > Virtual machines > (仮想マシン名) > Networking > (1つめのインターフェース名) をクリックします。
  1. IP configurations > ipconfig1 をクリックします。この時点では、IP アドレスの設定が動的 (Dynamic) になっています。
  1. IP アドレスを静的に設定変更します。

以下の値を使用します。

項目 入力もしくは選択する値 備考
Assignment Static
IP address 10.3.1.12
  1. Save をクリックして設定を保存します。
  1. 次に、2つ目のネットワークインターフェースを追加します。 Azure Portal > Virtual machines > (仮想マシン名) > Networking > Attach network interface をクリックします。
  1. Create network interface をクリックします。
  1. 必要な値を入力したら、 Create をクリックします。

以下の値を使用します。

項目 入力もしくは選択する値 備考
Name lk4lnode02-nic2
Subnet 10.3.2.0/24 *注1
Private IP address assignment Static
Private IP address 10.3.2.12
Network security group None
  • 注1: 前の手順で作成した2つめのサブネットを、仮想マシンに対して設定します。


  1. OK をクリックします。
  1. インターフェースが2つアタッチされていることを確認します。
  1. 仮想マシンを起動します。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信