LifeKeeper for Linux NAS Recovery Kit の管理作業はすべて、LifeKeeper グラフィカル・ユーザ・インタフェース(GUI)で実行できます。LifeKeeper GUI では、NAS リソースの設定、管理、監視作業をガイド付きで行えます。

LifeKeeper for Linux NAS Recovery Kit の設定に関しては、次の作業が可能です。

  • リソース階層の拡張 。NAS リソース階層をプライマリ・サーバからバックアップ・サーバに拡張します。
  • 従属関係の作成 。既存のリソース階層と別のリソース・インスタンスとの間に子従属関係を作成し、クラスタ内のすべての対象サーバに従属関係の変化を通知します。
  • 従属関係の削除 。リソースの従属関係を削除して、クラスタ内のすべての対象サーバ に従属関係の変化を通知します。
  • In Service 。リソース階層をアクティブにします。
  • Out of Service 。リソース階層を非アクティブにします。
  • 表示 / 編集 。 リソース階層のプロパティを表示または編集します。

注記: このセクションの残りの部分では、設定作業はすべて [Edit] メニューから実行することになっています。この設定作業の大半は次の方法でも実行できます。

  1. ツールバーから状態表示の左ペインにあるグローバル・リソースを右クリック。
  1. 状態表示の右ペインにあるリソース・インスタンスを右クリック。

※右クリックの方法を使用すると、 [Edit] メニューを使用したときに必要な情報を入力しないですみます。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信