LifeKeeper for Linux VMDK Recovery Kit を操作する前に、次の事項を検討する必要があります。

  1. 仮想ハードディスクを共有し、かつ VMDK リソース階層を拡張するクラスタ構成内のサーバへ、VMDK Recovery Kit をインストールします。仮想ハードディスクは vmdk 形式で作成します。
  1. 仮想ハードディスクは、クラスタを構成するゲスト間で共有されているデータストア上に作成する必要があります。
  1. 仮想ハードディスクの排他制御はハイパーバイザーに依存しているため、接続する SCSI コントローラの共有設定を「なし」に設定する必要があります。
  1. このキットは VMware の提供する API を使用して仮想ハードディスクを操作するため、クラスタに参加するゲストを実行しているすべての VMware ESXi ホスト、もしくは管理している vCenter Server へ https でアクセスできる必要があります。
  1. VMDK 階層をビルドするために使用するビルトイン・ファイル・システムのリカバリー・キットでは、フェイルオーバ条件でマウントされたファイル・システムを使用 している LifeKeeper 保護下に入っていないプロセスを検出したり、除去したりすることはできません。そのため、LifeKeeper 保護下に入れるプロセスのみが、VMDK 保護下のファイル・システムを使用するように設定することを強くお勧めします。
  1. 調整可能パラメータ VMDK_ERROR は、 仮想ハードディスクへのアクセス権を失った際に VMDK Recovery Kit が実行するアクションを制御します。調整可能パラメータには、2 つの 値 ( halt 及び event ) があり、 halt がデフォルトです。値が halt に設定され、アクセス権を失ったことを検出すると、VMDK Recovery Kit は即座にシステムを停止し、バックアップ・サーバへのフェイルオーバを発生させます。 event に設定された場合、アクセス権を失うと LifeKeeper core にディスクが異常であることを通知し、通知を受けた LifeKeeper core は対応する処理を起動します。この時行われる処理は上位リソースに依存して決定されます。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信