Availability Zone を使用するには VM の作成時に以下のように設定します。

  1. [Region] で「Availability zone」をサポートするリージョンを選択します。※1
  1. [Availability options] 項目で「Availability zone」を選択します。
  1. [Availability zone] 項目で、zone を [1,2,3] のいずれかを選択します。稼働系と待機系はそれぞれ異なるゾーン(稼働系(Zone 1)、待機系 (Zone 2)となるようにします。

※1例えば [(Asia Pacific) Japan East]は「Availability zone」をサポートするリージョンです。 [Japan West] のような Availability Set しか利用できないリージョンを選択すると [Availability options] 項目で「Availability zone」が選択できません。

基本設定はAvailability Setを使用した構成と同じです。

Availability zone を使用した構成の環境は以下の通りです。

1. ネットワーク、ロードバランサー

[Virtual networks]
Address space: 10.3.0.0/16
Subnets:

Subnet1 : 10.3.1.0/24

Subnet2 : 10.3.2.0/24

[Load balancers]
Location : Japan East
SKU : Standard
Frontend IP configuration:

Type : Private

Subnet : 10.3.1.0/24

IP Address : 10.3.1.200(Static)

Availability Zone : Zone-redundant

Backend pools:

lk4lnode03

lk4lnode04

Health probes:

Protocol : TCP

Port : 12345

Load balancing rules:

Port : 80

Backend Port : 80

Session persistence : None

Floating IP(Direct Server Return) : Enabled

Inbound NAT rules:

0 rules

2.仮想サーバー

[Active Node]
Name : lk4lnode03
Operating system : Linux(RHEL 7.8)
Size : Standard A1 v2 (1 vcpus, 2 GiB memory)
Networking:

Private IP : 10.3.1.7

Installed Software :

httpd : httpd-2.4.6-93.el7.x86_64

LifeKeeeper : SPS for Linux v9.5.2

IP tables :

httpd.conf :

[Standby Node]
Name : lk4lnode04
Networking: Private IP : 10.3.1.8
IP tables :

そのほか、Active Nodeと同じ。

[Client Node]
Name : lkclient
Operating System : Windows (Windows Server 2019 Datacenter)
Size : Standard B1s (1 vcpus, 1 GiB memory)

Networking:

Private IP : 10.3.1.4

Installed Software :

Google Chrome: Version 80.0.3987.149 (Official Build) (64-bit)

Xming :6.9.0.31

Tera Team: 4.102

WinSCP: 5.17.2

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信