GUI 管理用の LifeKeeper サーバーの設定

各 LifeKeeper サーバーについて、以下の手順を実行してください。各手順には、詳細手順の参照先またはリンクがあります。

  1. 各サーバーに、Java 実行時環境 (JRE) または Java ソフトウェア開発キット (JDK) をインストールする必要があります。必要な Java のバージョンについては、SPS for Linux リリースノート を参照してください。
  1. 各サーバーで、LifeKeeper GUI サーバーを開始してください (GUI サーバーの開始/停止 を参照)。
    注記: GUI サーバーが後続の初期インストールを開始した後、LifeKeeper の開始と停止は、GUI サーバーを含む LifeKeeper のすべてのデーモンプロセスの開始と停止を行います。
  1. root 以外のユーザに GUI の使用を許可するように計画している場合は、GUI ユーザの設定 が必要です。

GUI の実行

LifeKeeper の GUI は、クラスター内の LifeKeeper サーバーで実行できます。

LifeKeeper クラスター内のサーバーで GUI の設定と実行を行う方法については、LifeKeeper サーバーでの GUI の実行 を参照してください。

 

GUI の設定

項目
説明
GUI のクライアントとサーバーの通信 LifeKeeper GUI のクライアントとサーバーは、通信に Java のリモートメソッド呼び出し (RMI) を使用します。RMI が正しく動作するためには、クライアントとサーバーは解決可能なホスト名または IP アドレスを使用する必要があります。DNS が実装されていない場合 (または、他の名前のルックアップメカニズムを使用して名前が解決できない場合) は、クライアントとサーバーのそれぞれについて、 /etc/hosts ファイルを編集し、他のすべての LifeKeeper サーバーの名前とアドレスを含めてください。
GUI サーバーの Java プラットフォーム

LifeKeeper GUI サーバーには、Java 実行環境 (JRE) - Java 仮想マシン、Java プラットフォームのコアクラス、およびサポートするファイル - をインストールする必要があります。LifeKeeper のGUI は、OpenJDK をサポートしています。LifeKeeper インストール時に実行する setup スクリプトが OS 同梱の OpenJDK をインストールします。ただし、以下の環境では Linux ディストリビューターがサポートしている OpenJDK を提供していないため、LifeKeeper のインストールイメージに同梱している OpenJDK をインストールします。サポートしている OpenJDK のバージョンは、リリースノートを参照してください。

  • RedHat Enterprise Linux/CentOS/Oracle Linux 7.0

注記: LifeKeeper インストール時に、GUI が使用する JRE のパスを LifeKeeper のデフォルトファイル /etc/default/LifeKeeperPATH に設定します。使用する JRE を変更したい場合はこの PATH を編集してください。このファイルの編集時に LifeKeeper が実行中である場合は、変更内容を認識させるために LifeKeeper GUI サーバーと GUI クライアントを停止し、再起動する必要があります。

注記: 以下の LifeKeeper と OS のバージョンの組み合わせでは、LifeKeeper と OS 同梱の OpenJDK の間でメモリ管理の不整合があります。それを回避するため、LifeKeeper のインストールイメージに同梱している OpenJDK を /opt/LifeKeeper/lib64/java 以下にインストールして使用しています。メモリ管理の不整合は既に修正済みですが、LifeKeeper をアップグレードした場合は /opt/LifeKeeper/lib64/java にインストールされた JRE をそのまま使用し続けます。
OS 同梱の JRE を使用したい場合は、JRE をインストールして、上記の手順に従って /etc/default/LifeKeeper の PATH を変更してください。/opt/LifeKeeper/lib64/java は不要ですので削除しても問題ありません。

  • LifeKeeper
    • v9.4.1 ~ v9.5.1
  • OS
    • RedHat Enterprise Linux/CentOS/Oracle Linux 8.0 ~ 8.2
    • SUSE Linux Enterprise Server 15.0 ~ SP2
Java Runtime Environment のアンインストール
  • LifeKeeperのインストールイメージに同梱しているOpenJDKパッケージをインストールした環境
    LifeKeeper のアンインストール時にOpenJDKパッケージも同時にアンインストールされます。
  • Linuxディストリビューターが提供しているOpenJDKをインストールした環境
    LifeKeeper のアンインストール時にOpenJDKパッケージはアンインストールされません。必要であれば手動でアンインストールを行ってください。
Java リモートオブジェクトレジストリーのサーバーポート LifeKeeper GUI サーバーは、各 LifeKeeper サーバー上の Java リモートオブジェクトレジストリー用にポート 82 を使用します。これにより、サーバーは、典型的なファイアウォールの後にあるクライアントからの RMI 呼び出しをサポートできます。
LifeKeeper の管理 Web サーバー LifeKeeper GUI サーバーには、クライアントのブラウザーの通信用に管理 Web サーバーが必要です。現在、LifeKeeper GUI サーバーは、管理 Web サーバーとして lighttpd Web サーバーのプライベートコピーを使用しています。この Web サーバーは、steeleye-lighttpd パッケージによりインストールと設定が実行され、他の Web サーバーとの競合を避けるためにポート 81 を使用します。
GUI クライアントのネットワークアクセス LifeKeeper GUI クライアントには、LifeKeeper クラスター内のすべてのホストへのネットワークアクセスが必要です。LifeKeeper GUI クライアントをブラウザー内で実行する場合、アプレットへのネットワークアクセスを可能にするためにセキュリティーレベルを低下させる必要があります。セキュリティーを低い値に設定した状態で、他のサイトを閲覧しないように注意してください (つまり、イントラネットまたは信頼できるサイトについてのみセキュリティー設定を変更する)。

GUI の制限

項目
説明
GUI の相互運用性の制限 LifeKeeper for Linux クライアントは、Linux サーバー上の LifeKeeper の管理にのみ使用できます。LifeKeeper for Linux の GUI と LifeKeeper for Windows は、同時には使用できません。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信