SPS for Linux は、既存の階層を保ちながら将来のリリースにアップグレードすることができます。この情報をよく検討して、アプリケーションのダウンタイムを最小限に抑えるようにしてください。

  1. クラスタをアップグレードする場合、そのアップグレードされるサーバからすべてのアプリケーションを切り替えてください。この操作を実行するには、手動で行うか、またはLifeKeeperのシャットダウンストラテジーを 「Switchover」 に設定します。これにより、LifeKeeper が停止したり、サーバがシャットダウンしたときにアプリケーションが切り替えられます。
  1. 必要な場合、SPS をアップグレードする前に、Linux オペレーティングシステムをアップグレードしてください。オペレーティングシステムのアップグレードを実行する前に、アップグレードするサーバのすべてのリソースを拡張解除することをお勧めします。
  1. セットアップスクリプトの操作 を参照してLifeKeeperをアップグレードします
  1. アップグレードされたサーバにすべてのアプリケーションを切り替えてください。
  1. この手順を SPS クラスタ内のアップグレード対象の各サーバに対して実行します。


OS をアップグレードする際の注意点

OS をアップグレードする際には、現在インストールされている LifeKeeper がアップグレード後の OS をサポートしているかを確認する必要があります。サポートしていない場合は、LifeKeeper のアップグレードも必要になります。 サポート対象のオペレーティングシステム を参照して確認してください。

OS をアップグレードする前に、lkbackup コマンド にて LifeKeeper 設定のバックアップを実施することを推奨します。

  1. クラスタをアップグレードする場合、そのアップグレードされるサーバからすべてのアプリケーションを切り替えてください。この操作を実行するには、手動で行うか、または LifeKeeper のシャットダウンストラテジーを「Switchover」に設定します。これにより、LifeKeeper が停止したり、サーバがシャットダウンしたときにアプリケーションが切り替えられます
  1. LifeKeeper を停止させてください
  1. OS アップグレードを実施して、OS を再起動してください
  1. LifeKeeperのアップグレードが必要な場合は、LifeKeeperのアップグレードを実施してください。
    LifeKeeper のアップグレード手順については、SPS のアップグレード を参照してください。
    アップグレードを実施しない場合は、setup を再実行して新しいOSに対応した設定を行ってください。
  1. LifeKeeper を起動してください
  1. アップグレードされたサーバにすべてのアプリケーションを切り替えてください
  1. この手順を SPS クラスタ内の全てのサーバに対して実行します

フィードバック

お役に立ちましたか?

はい いいえ
お役に立ちましたか
理由をお聞かせください
フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信

Cassius Rhue 書き出しました: Dec 22, 2021

RE: 00032272
We should consider adding a note to the upgrade steps to note that after an OS upgrade their may be new default mount options that are automatically added to certain file system types. If the OS upgrade adds additional mount options to all mounts, SIOS File system resource properties for mount options (see https://docs.us.sios.com/spslinux/9.6.0/en/topic/file-system-health-monitoring) may need to be updated on each node in the cluster.

Also, I cannot find the page that talks directly about changing the mount options, but we should find an reference it as well