NFS リソースを In Service にする (起動)

エラー番号
エラーメッセージ
説明
106007 Cannot bring NFS or HANFS resource "TAG" In Service on server "SERVER" 他のエラーメッセージを参考にして、実行するべき処置を決定します。問題を修正した後、手動でリソースを In Service にしてください。
106010 NFS is not running on server "SERVER". LifeKeeper will attempt to restart NFS. このダイアログボックスは情報の表示専用です。LifeKeeper は自動的に NFS デーモンの再起動を試みます。デーモンの再起動時に LifeKeeper に問題が発生した場合は、NFS の起動に失敗したというメッセージが表示されます。
106011 Starting NFS on server “SERVER" failed NFS デーモンの再起動中に問題が発生しました。手動で NFS の再起動をしてください。
106012 The export point "EXPORT POINT" is not exported on server "SERVER". LifeKeeper will attempt to export the entry. LifeKeeper によって、エクスポートポイントがエクスポートされていないことが検出され、エクスポートが試みられます。
106013 Unable to export "EXPORT POINT" on server "SERVER" ファイルシステムを手動でエクスポートします。
106014 Usage: USAGE STRING 誤った引数で実行されたコマンドの使用。コマンドラインのみ。
106019 Executing command: "COMMAND" このメッセージは、LifeKeeper が NFS デーモンを再起動するとき、またはエクスポートポイントをエクスポート、アンエクスポートするときに表示されます。問題が発生した場合、この情報が役に立ちます。
106024 Unable to stop and restart rpc.mountd on "SERVER!" 階層リストア中に rpc.mountd デーモンプロセスを再開する必要がありましたが、このプロセスが失敗しました。プロセスを手動で停止および再開して、エラーとその処置を判別してください。
106027 Open of "FILE NAME" on server "SERVER" failed: "ERROR MSG" 記述された理由により、ファイルを開けませんでした。
106028 Mount of /proc/fs/nfsd failed on server "SERVER!" 2.6 以降のカーネルでは、クライアント認証に /proc/fs/nfsd が使用されますが、そのマウント試行が失敗しました。手動で /proc/fs/nfsd をマウントし、失敗内容を判別してください。
106029 Unable to get exclusive lock on "FILE NAME" on server "SERVER" 20秒経過しましたがファイル更新のための排他ロックを取得できません。ファイルに問題があることを示しています。
106030 Unable to restore client info for "CLIENT" on server "SERVER": "ERROR MSG" クライアントのロックのフェイルオーバーに失敗しました。障害を修正して、再度階層をリストアしてください。
106037 Attempts to get exclusive lock on "FILE NAME" on server "SEVER" failed: "ERROR MSG" 更新のための排他ロックを取得できません。原因については、エラーメッセージを参照してください。
106039 Open of "FILE" on server "SERVER" failed: “ERROR MSG
or
Attempt to get exclusive lock on "FILE" on server "SERVER" failed: "ERROR MSG"
ファイルを開くかファイルの排他ロックを取得しようとしましたが、失敗しました。原因については、エラーメッセージを参照してください。
106040 Multiple virtual IP addresses detected. In this release NFS lock failover only supports one virtual IP address. NFS リソース階層を作成し直して、1 つの仮想 IP アドレスのみを使用するか、または LifeKeeper デフォルトファイルで FAILOVERNFSLOCKS を false に設定してください。
106052 Unable to mount rpc_pipefs on "SERVER". Reason: "REASON". REASON により rpc_pipefs は、SERVER でマウントされませんでした。
106053 rpc_pipefs successfully mounted on "SERVER" SERVERrpc_pipefs が正常にマウントされました。
106064 Pseudo file system (fsid=0) protected by NFS RK is not supported in LifeKeeper v9.6.0 and later. Please delete the “TAG” resource whose export point is “EXPORT POINT”. LifeKeeper v9.6.0 から 擬似ファイルシステム (fsid=0) のリソースはサポートされなくなりました。リソース階層を削除してください。

NFS リソースを Out of Service にする(停止)

エラー番号
エラーメッセージ
説明
106008 Unable to unexport the export point "EXPORT POINT" on server "SERVER" exportfs(8) コマンドを使用して、エクスポートを解除します。
106014 Usage: USAGE STRING 誤った引数で実行されたコマンドの使用。コマンドラインのみ。
106019 Executing command: "COMMAND" このメッセージは、LifeKeeper が NFS デーモンを再起動するとき、またはエクスポートポイントをエクスポート、アンエクスポートするときに表示されます。問題が発生した場合、この情報が役に立ちます。

NFS リソースを In Service に戻す (ローカルリカバリー)

LifeKeeper Core は、NFS の「quickCheck」スクリプトを実行して、ローカルサーバーで In Service のすべての NFS インスタンスの状態を定期的にチェックします。このスクリプトは次の事項を検証します。

  • ファイルシステムがエクスポートされているか
  • NFS/HA-NFS デーモンが実行中かどうか

インスタンスが完全に動作していない場合、「recover」スクリプトが実行され、インスタンスの再起動が試みられます。これは、エラーメッセージを記録し、「restore」を起動して、(「restore」スクリプトの結果に応じて) 最後のエラーメッセージまたは成功メッセージを出力し、「restore」と同じ結果を返します。ローカルリカバリーに失敗した場合、このインスタンスは別のサーバーにフェイルオーバーされます。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信