下記の表は、EC2パラメーター名とその意味を説明しています。これらの値は /etc/default/LifeKeeper 設定ファイルを編集することにより設定可能です。
Recovery Kit for EC2 のコンポーネントはメモリに常駐していないため、/etc/default/LifeKeeper の値を変更すると即時に反映されます。LifeKeeper を再起動する必要はありません。

パラメーター名 パラメーターの意味 設定値 デフォルト値 パラメーター適用タイミング 備考
EC2_RESTORE_TIMEOUT リソースのリストアタイムアウト時間を秒単位で指定します。 整数値 300 適宜 (すぐに反映されます)  
EC2_REMOVE_TIMEOUT リソースを停止するタイムアウト時間を秒単位で指定します。 整数値 300 適宜 (すぐに反映されます)  
EC2_RECOVER_TIMEOUT ローカルリカバリのタイムアウト時間を秒単位で指定します。 整数値 300 適宜 (すぐに反映されます)  
EC2_QUICKCHECK_TIMEOUT quickCheck のタイムアウト時間を秒単位で指定します。 整数値 100 適宜 (すぐに反映されます)  
EC2_AWS_REGION EC2 リソースが動作するリージョンを指定します。 文字列 (未設定) 適宜 (すぐに反映されます)  
IP_NOLINKCHECK 保護対象のネットワークインターフェースのリンクチェックを無効に設定します。
0: 有効
1: 無効
0 適宜 (すぐに反映されます) 本パラメーターは Elastic IP を保護しているときにのみ適用されます。
IP_WAIT_LINKDOWN 保護対象のネットワークインターフェースをダウン状態にしてからアップ状態に戻すまで待機する秒数を指定します。一部の環境では、この 2 つの動作の間に待機時間が必要です。 整数値 5 適宜 (すぐに反映されます) 本パラメーターは Elastic IP を保護しているときにのみ適用されます。
IP_MAX_LINKCHK リンクが修復されてからアップ状態に戻るまで待機する最大時間を秒単位で指定します。一部の環境では、この値を増加する必要があります。 整数値 5 適宜 (すぐに反映されます) 本パラメーターは Elastic IP を保護しているときにのみ適用されます。
AWSCLI_CONNECT_TIMEOUT awsコマンドのオプション––cli–connect–timeout の値を秒単位で設定します。 整数値 10 適宜 (すぐに反映されます) 本パラメーターは Route53 と共通のパラメーターです。
AWSCLI_READ_TIMEOUT awsコマンドのオプション––cli–read–timeout の値を秒単位で設定します。 整数値 5 適宜 (すぐに反映されます) 本パラメーターは Route53 と共通のパラメーターです。
HTTP_PROXY
HTTPS_PROXY
NO_PROXY
サービスエンドポイントへのアクセスで HTTP プロキシを使用する場合に設定してください。ここで設定した値がそのまま AWS CLI へ渡されます。
詳しくはAWSのドキュメントを参照してください。
docs.aws.amazon.com/ja_jp/cli/latest/userguide/cli-http-proxy.html
文字列 (未設定) 適宜 (すぐに反映されます) 本パラメーターは Route53Quorum と共通のパラメーターです。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信