必要とする保護と柔軟性が得られるように LifeKeeper を設定するには、設定要件を把握している必要があります。設定を適切にプランニングするには、Amazon、Amazon Virtual Private Cloud (VPC)、Amazon Elastic Compute Cloud (EC2)、およびユーザシステムの階層設定オプションを理解する必要があります。このセクションでは、設定のプランニングに加え、Recovery Kit を設定するために必要な特定の作業についても説明します。

Route53 リソース 特有の設定上の考慮事項

このセクションでは、Route53 リソースの以下の設定タスクについて説明します。設定タスクは Route53 リソースインスタンスに特有のものであり、Recovery Kit ごとに異なります。

以下の作業は、SPS for Linux テクニカルドキュメンテーション管理 セクションに記載されています。これらは、すべての Recovery Kit で同じ手順を使用する共通の作業です。

  • リソース依存関係の作成: 既存のリソース階層と別のリソースインスタンスとの間に親子の依存関係を作成し、クラスタ内のすべての対象サーバに依存関係の変更を反映します。
  • リソース依存関係の削除: リソースの依存関係を削除して、クラスタ内のすべての対象サーバに依存関係の変更を反映します。
  • In Service: リソース階層を特定のサーバで In Service にします。
  • Out of Service: リソース階層を特定のサーバで Out of Service にします。

このセクションの残りの部分では、LifeKeeper GUI の [Edit] メニューから作業を選択することによって、Recovery Kit を設定する方法を説明します。設定作業はツールバーから選択することもできます。

    • 状況表示ウィンドウのリソース階層ツリー (左側のペイン) のグローバルリソースを右クリックすると、[Edit] メニューと同じドロップダウンメニューの選択項目が表示されます。これは階層がすでに存在している場合にだけ可能な方法です。
    • 状況表示ウィンドウのリソース階層表 (右側のペイン) のリソースインスタンスを右クリックすると、サーバおよび特定リソースの状況に応じて、リソース階層の作成を除くすべての設定作業を実行できます。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信