クラスターノード(プライマリー)で、以下の設定を行います。

  1. oracle ユーザーで以下のコマンドを実行して下さい

  1. 以下の表を参考にDatabaseを作成してください。
Step.
項目
入力もしくは選択する値
Database Operation - Crate a database
Creation Mode - Advanced configuration
Deployment Type Database type Oracle Single Instance database
Template General Purpose or Transaction Processing
Database Identification Global database name / SID lkoracle
PDB name lkpdb
Storage Option - 適宜設定してください
Fast Recovery Option -
Network Configration Listener selection LISTENER
Data Vault Option - 適宜設定してください
Configuration Options -
Management Option -
User Credentials -
Creation Option -
  1. Summary

設定に問題なければ、 Finish をクリックしてデータベース作成をスタートします。
データベース作成完了後、ウィンドウを閉じます。

  1. 続いて、/etc/oratabを修正します。なお、本設定は後の手順で元に戻します。

  1. /etc/oratab をプライマリーノードからセカンダリーノードにコピーします

これで Oracle DB のインストールは完了です。
※セカンダリーノードへの Oracle DB インストールは不要です。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信