LifeKeeper がプライマリサーバー (Server A) からバックアップサーバー (Server B) にフェイルオーバリカバリを実行した後、以下の手順を実行してください。

  1. ログを確認してください。 Server B の LifeKeeper が Server A からフェイルオーバリカバリを実行すると、フェイルオーバ中にステータスメッセージが表示されます。

    実際の出力は、設定によって異なります。マウントやアンマウントの失敗に関するいくつかのメッセージが表示されることが予測されますが、これらのメッセージはリカバリの失敗を示唆しません。これらのメッセージ、および Server B でリソースを in service にするときに発生したエラーは、LifeKeeper のログに記録されます。

  2. メンテナンスを実行してくださいServer A の障害の原因を特定し、解決します。メンテナンスを実行するために、 Server A の電源をオフにすることが必要な場合があります。

  3. 必要に応じて、 Server A を再起動してください。 メンテナンスが完了したら、必要に応じて Server A を再起動します。

  4. 必要に応じて、LifeKeeper を開始してください。 Server A で LifeKeeper が動作していない場合は、コマンド $LKROOT/bin/lkcli start を使用して、LifeKeeper を開始してください。

  5. アプリケーションを Server A に戻してください 。都合のよい時点で、LifeKeeper の GUI を使用して、 Server A でアプリケーションを in service にします。詳細については、リソースを In Service にする を参照してください。 Server A でアプリケーションが [Automatic Switchback] に設定されている場合は、この手順は不要なことがあります。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信