説明
LKCLI のエクスポート/インポート機能を用いて、DataKeeper リソースのミラーリング方式がノード毎に異なるようなリソースを作成することはできません

GUI を用いて DataKeeper リソースを作成した場合、プライマリからセカンダリ間を非同期転送、セカンダリからプライマリ間を同期転送する設定が出来ますが、その構成をLKCLIでエクスポートした場合に別のクラスタ構成にインポートすることはできません。

注意: 上記構成はサポートされません。

ネットワークが切断され、再接続された後で、GUI は IP リソースの状態をすぐに更新しません

クラスタ内のサーバ間のプライマリネットワークが切断され、再接続されると、RMI/TCP レイヤーの問題のため、リモート GUI クライアントの IP リソースの状態が更新されるまで 1 分 25 秒かかる場合があります。

Java 署名/未署名混合コードの警告 – LifeKeeper Java GUI クライアントアプレットをリモートシステムからロードすると、以下のセキュリティ警告が表示されることがあります



[Run] をクリックすると、以下のダイアログが表示されます。 



ブロックするかどうかを確認するメッセージが表示されます。[No] をクリックすると、LifeKeeper GUI の動作が可能になります。 

推奨される処置: セキュリティ警告の数を減らすには、2 つのオプションがあります。 

  1. [Always trust content from this publisher] ボックスをチェックし、 [Run] をクリックします。次に LifeKeeper GUI Java クライアントを読み込むときには、警告メッセージが表示されません。

    または

  2. ブロックに関する 2 番目のダイアログが表示されないようにするには、以下のエントリを Java の「 deployment.properties 」ファイルに追加します。Java クライアントをロードしたときにセキュリティ警告は表示されますが、アプレットはブロックされず、ブロックするかどうかを [Yes] または [No] で確認する上記のダイアログは表示されなくなります。この設定はすべての Java アプレットに適用されることに注意してください。

    deployment.security.mixcode=HIDE_RUN 

    上記のメッセージが両方とも表示されないようにするには、1 と 2 を実行してください。


ポート 778・779 が使用中の場合、steeleye-lighttpd プロセスの開始に失敗します

steeleye-lighttpd の起動時にプロセスがポート 778 もしくは 779 を使用している場合、steeleye-lighttpd の起動に失敗し、GUIへの接続障害が発生する。

解決方法: クラスタ内のすべてのノードで以下の設定を行い、LifeKeeper をすべてのノードで再起動します。

以下の行を /etc/default/LifeKeeper に追加します。

API_SSL_PORT=port_number
LKAPI_WEB_PORT=port_number

port_number は使用する新しいポートです。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信