仮想マシンの OS に LifeKeeper をインストールし、 HA クラスターを構築します。

LifeKeeper のインストールと起動

  1. 事前に、scp コマンド等を使用して仮想マシン上に LifeKeeper インストールイメージおよびライセンスファイルをアップロードしておきます。
  1. 両クラスターノードに LifeKeeper をインストールします。 オンラインマニュアル 等をご参照ください。
  • 「Use Quorum / Witness Functions」を選択します。
  • 「LifeKeeper Authentication」では、rootを入力します。
  • 「Recovery Kit Selection Menu」では、「LifeKeeper Oracle RDBMS Recovery Kit」と「DataKeeper for Linux」を選択します。
  • 「LifeKeeper Startup After Install」選択します。
  1. インストール完了後、シェルの環境変数に LifeKeeper コマンドパスを追加します。

  1. LifeKeeper GUI を起動します。

LifeKeeper が起動しました。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信