ここでは Data Replication リソースの作成方法を解説します。

ディスクの設定

まず、Data Replication リソースで使用するディスクの設定をします。

  1. クラスターの両ノードで、oracle データベースのマウントポイント用ディレクトリを作成します。

  1. 両ノードで、ディスク(インスタンス作成時に指定したディスク)がアタッチされていることを確認します。

  1. 両ノードで、Oracle 用ディスクのパーティションを作成します。

  1. 作成したパーティションを確認します。

  1. 次に、DataKeeper がデバイスを認識できるように設定します。

Azure 上で DataKeeper for Linux を使用してデータレプリケーションを行う場合、標準の設定ではストレージの識別に使用する ID を取得できないため、GUID Partition Table(GPT)を作成し一意の ID をパーティションに割り当てるか、LVM を使用する必要があります。詳細については、オンラインマニュアルの トラブルシューティング を参照してください。

ディスク設定は以上です。

Data Replication リソース階層の作成

次に、LifeKeeper GUI で Data Replication リソースを作成します。

  1. プライマリーノードで以下のコマンドで LifeKeeper GUI を起動します。

  1. Create Resource Hierarchy のアイコンをクリックしてリソース作成を開始します。

  1. Create Resource ウィザードが表示されます。プルダウンメニューで Recovery Kit に対し Data Replication を選択して、 Next をクリックします。

  1. Create Resource ウィザードで、以下の値を入力します。
項目 入力もしくは選択する値 備考
Switchback Type Intelligent
Server lk4lnode01
Hierarchy Type Replicate New Filesystem
Source DIsk /dev/sdc1 ※注1
New Mount Point /mnt/ORA ※注2
New Filesystem Type xfs
Data Replication Resource Tag datarep-ORA
File System Resource Tag /mnt/ORA
Bitmap File /opt/LifeKeeper/bitmap_mnt_ORA ※注3
Enable Asynchronous Replication? no
  • ※注1 :この後「 ATTENTION! <デバイス名> is not shareable with any other server 」の表示が出力されますが、レプリケーションを作成する場合は必ず出力されるため、無視して問題ありません。

  • ※注2 :作成済のマウントポイントを指定します。

  • ※注3 :今回はデフォルトのパスを設定していますが、パフォーマンス向上のため、より高速な専用領域を指定することも検討してください。


  1. Data Replication リソースの作成が開始されます。
  1. 「End of successful Create of…」と表示されれば成功です。 Next をクリックして Pre-Extend ウィザードへ遷移します。

  1. 以下の値を入力します。

項目 入力もしくは選択する値
Target Server lk4lnode02
Switchback Type Intelligent
Template Priority 1
Target Priority 10
  1. Pre-Extend が開始されます。「Pre Extend checks were successful」と表示されれば成功です。 Next をクリックして次に進みます。

  1. Extend Resource ウィザードで、以下の値を入力します。

項目 入力もしくは選択する値
Mount Point /mnt/ORA
Root Tag /mnt/ORA
Target Disk /dev/sdc1
Data Replication Resource Tag datarep-ORA
Bitmap File /opt/LifeKeeper/bitmap_mnt_ORA
Replication Path 10.3.2.11/10.3.2.12 ※注1
  • ※注1 :2つめのサブネット上のコミュニケーションパスを指定します。


  1. Extend が開始されます。 Hierarchy successful extended と表示されれば成功です。 Finish をクリックします。
  1. Done を押下し、ウィザードを終了します。

Data Replication リソースが作成されました。

※Swap 領域に対しては Data Replication リソースを作成しません。

参考: DataKeeper リソース階層の作成

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信