1. 上記と同様の手順で、クライアント兼 Witness サーバーに使用する仮想マシンを作成します。

基本設定として、主に以下の値を使用します。

Basics
項目 入力もしくは選択する値 備考
INSTANCE DETAILS
Virtual machine name lk4lclient
Availability options No Infrastructure redundancy required *注1
Image Red Hat Enterprise Linux 7.8
Size Standard_B1s
INBOUND PORT RULES
Public inbound ports Allow selected ports
Select inbound ports SSH
  • 注1: クラスターノード以外は Availability Set の設定は必須ではありませんが、今回のようにクライアントが Quorum に利用される場合、可用性を考慮して同一Availiavility Setに含めた上で、異なるフォールトドメイン・アップデートドメインとなるように設定することも検討してください。


必要な値を入力したら、 Next:Disks をクリックします。

  1. 次にディスク設定を入力します。

今回はディスクの追加はしません。 Next:Networking をクリックします。

  1. 次にネットワーク設定を入力します。

以下の値を使用します。

Networking
項目 入力もしくは選択する値 備考
Virtual network lk4l-vnet
Subnet lk4l-nw01(10.3.1.0/24) *注1
Public IP (create new)

Name:lk4lclientpubip

SKU:Basic

Assignment:Static

*注2
NIC network security group Basic
Public inbound ports Allow selected ports
Selected inbound ports SSH
  • 注1: 前の手順で作成した1つめのサブネットを、仮想マシンに対して設定します。

  • 注2: 本手順ではインターネット経由でアクセスするため、Public IP を設定しています。


  1. 必要に応じて管理設定、詳細設定、タグ設定を行い、最後に Review + create をクリックします。
  1. 内容を確認し、 Create をクリックします。
  1. 仮想マシンが起動したら、1つめのネットワークインターフェースを静的 IP アドレスに変更します。 Azure Portal > Virtual machines > (仮想マシン名) > Networking > (1つめのインターフェース名) をクリックします。
  1. IP configurations > ipconfig1 をクリックします。この時点では、IP アドレスの設定が動的 (Dynamic) になっています。
  1. IP アドレスを静的に設定変更します

以下の値を使用します。

項目 入力例 備考
Assignment Static
IP address 10.3.1.50
  1. Save をクリックして設定を保存します。
  1. 以上で、三台の仮想マシンが作成されました。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信