LifeKeeper GUI で IP リソースを作成します。

  1. IPパラメーターの設定
    Azureの仮想マシン環境では、IPリソース作成直後Broadcast Pingへの応答が得られません。その為、Broadcast Pingによる死活監視を両クラスターノードで無効にします。また、IPリソースに設定する仮想IPアドレスはロードバランサーに設定しているIPアドレスと同じです。その為、同一IPアドレスがネットワーク上に存在するかチェックする機能を無効にします。
    以下のファイルを編集します。

  1. LifeKeeper GUI 管理画面より Create Resource Hierarchy を選択します。

  1. Create Resource ウィザードに沿って設定します。今回は以下の値を使用します。
項目 入力もしくは選択する値 備考
Select Recovery Kit IP
Switchback Type Intelligent
IP Resource 10.3.1.200 ※注1
Netmask 255.255.255.255
Network Interface eth0
IP Resource Tag ip-10.3.1.200
  • 注1: 設定済の Azure ロードバランサーのフロントエンド IP と同じ値を使用します。


Extend 時には、以下の値を使用します。

項目 入力もしくは選択する値 備考
Target Server lk4lnode02
Switchback Type Intelligent
Template Priority 1
Target Priority 10
IP Resource 10.3.1.200 ※注1
Netmask 255.255.255.255
Network Interface eth0
IP Resource Tag ip-10.3.1.200
  • 注1: 設定済の Azure ロードバランサーのフロントエンド IP と同じ値を使用します。


  1. IP リソースが作成されました。

IP リソース階層の作成

  1. 今回の環境では、Broadcast Ping による監視を無効にしているため、Unicast Ping を利用して死活監視を行います。以下に設定例を記載します。
  1. ping応答が得られることを確認します。

  1. IP リソースのプロパティ画面を表示し、 Modify Ping List をクリックします。

  1. Ping List に設定する IP アドレスを入力し、 Add address をクリックします。

  1. Save List をクリックし、設定値を保存します。

 ※Ping Listの更新は両ノードで実施してください。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信