スプリットブレインの発生を抑制するため、クライアント上に Quorum / Witness を設定します。今回は Quorum モードとして TCP Remote モード、Witness モードは none を使用します。

  1. Quorum モード、Witness モードを設定します。 両クラスターノード で、以下のファイルを編集します。

Quorum / Witness

Quorum パラメータ一覧

[Linux]Quorum/Witness Server Kit のご利用について

フィードバック

お役に立ちましたか?

はい いいえ
お役に立ちましたか
理由をお聞かせください
フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信