本ページでは Linux OS について基本的な知識がある方にむけて SIOS Protection Suite for Linux (SPS) のインストールについて説明しています。 その他詳細については SIOS Protection Suite for Linux テクニカルドキュメンテーション を参照してください。

インストール前の要件

SPS for Linux をインストールする前に、下記の要件について確認してください。

  • SIOS Protection Suite for Linux リリースノート -SIOS Protection Suite for Linux リリースノートにはサポート対象のプラットフォーム、オペレーティングシステム、アプリケーション、ストレージについて記載されています。最新のバグフィックスについても記載されています。
  • TCP/IP 接続と名前解決GUI の機能を使用するためにクラスターノードの双方で名前解決ができる必要があります。DNS サービスまたは /etc/hosts を使用してください。 ローカルホストは 127.0.0.1 となります。
  • ファイアウォール – 以下のポートを使用します。
    • コミュニケーションパス (TCP): 7365/tcp
    • GUI サーバーとの通信: 81/tcp、82/tcp
    • GUI サーバーとクライアントとの RMI 通信: 1024/tcp 以降の全ポート
    • DataKeeper の同期 (DataKeeper 使用時): 10001+<mirror number>+<256 * i>
ファイアウォールに関して
  • GUI サーバー、クライアントの通信に使用するポートは SPS がインストールされるクラスターノードと、GUI クライアントを動作させる全てのシステムでポートが開放されている必要があります。
  • DataKeeper で使用するポートは上記の計算式で割り出すことができます。i の値は 0から開始し、使用されていないポートが見つかるとそのポートを使用します。例えば mirror number が 0 の DataKeeper リソースが存在している環境で、10001 番ポートが別のアプリケーションによって使用されていた場合は、10257 番ポートを使用します。
  • GUI サーバー、クライアント間の通信では Java の RMI にて 1024 番以降のポートをランダムに使用します。クラスターシステムにアクセス制御などを適用する場合は、これらのポートを考慮し、パケットフィルタリングを行う必要があります。セキュリティー対策の観点で本仕様が問題となる場合は、ssh の Xフォワーディングを使用して対応することもできます。設定方法等は テクニカルドキュメント をご参照ください。
  • 使用しているポート番号に以下を追加します。 WebGUI サーバーのプロセスと lkpolicy コマンドによるポリシー設定で使用 : 778(SSL)/tcp
    • SELinux の設定確認SELinux のモードによっては、SPS for Linux はインストールできません。
      • enforcing モード – SPS for Linux をインストールできません。
      • permissive モード – SPS for Linux をインストールできます。(いくつかのテスト済み ARK 環境を除いて推奨できません。)
        • SAP 環境で必要にならない限り、SELinux を permissive モードにすることは推奨されていません。クラスターでの動作が必要となるアプリケーションが permissive モードをサポートしているか確認してください。SELinux の permissive モードは次の ARK でテスト済みです。: SAP / SAP MaxDB / Sybase / Oracle / DB2 / NFS / DataKeeper / NAS / EC2 / IP / FileSystem / MQ。必要となるパッケージについては Linux の依存関係 を参照してください。
      • disabled モード – SPS for Linux をインストールできます。
        • SELinux を無効にする方法は、OS 側のドキュメントを確認してください。
      • ご利用のディストリビューションから提供される適切なパッケージをインストールしてください。
      • sg3_utils パッケージは DMMP Recovery Kit、PowerPath Recovery Kit 等のマルチパス用のリカバリーキットを使用する環境に必要です。マルチパス用のリカバリーキット を使用しない環境には必要ありません。
    • 既知の問題 を確認してください。– ご利用の環境に既知の問題がないか確認してください。

SPS/LifeKeeper ソフトウェアのインストール

SPS ソフトウェアを、SPS 設定内の各サーバにインストールします。

LifeKeeper インストールセットアップスクリプトは依存するすべてのパッケージを確実にインストールするためにパッケージマネージャーツール(yum または zypper)を使用するため、LifeKeeper が依存するパッケージは自動的にインストールされます。

SPS for Linux のイメージファイル (sps.img) では、システムに SPS をインストールする際に必要なユーザー対話型システムセットアップタスクを実行するように設計された、一連のインストールスクリプトを提供しています(対話モード を参照してください)。 非ユーザー対話型インストールを実行することもできます。非ユーザー対話型インストールについても同様です(非対話モード を参照してください)。

サーバの Host ID または Entitlement ID を取得および表示するユーティリティを提供するライセンシングユーティリティパッケージもインストールされます。Host ID/Entitlement ID は、SPS を実行するための有効なライセンスを取得するために使用されます。ライセンスの取得とインストール方法については ライセンスの取得とインストール を参照してください。

SPS は、使用している Linux ディストリビューションに関わらず、コマンドラインでインストールされます。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信