LifeKeeper をインストールする 前に 、ネットワークが適切に設定され動作することを確認することが重要です。ネットワークの動作を確認するために、この時点で実行する必要のある作業を以下に示します。

  1. サーバインストールでファイアウォールが有効の場合、LifeKeeper のポートを調整するか、ファイアウォールを無効にする必要があります。ファイアウォール下で LifeKeeper を実行する
  1. 各サーバから、ローカルサーバを ping し、クラスタ内の他のサーバを ping してください。ping が失敗した場合には、必要なトラブルシューティングを行い、修正処置を実行してください。
  1. サーバに複数のネットワークアダプタがある場合は、アダプタが異なるサブネット上にあるように設定する必要があります。アダプタが同じサブネット上にある場合、TCP/IP は 2 つ目のアダプタを有効に利用できません。
  1. localhost がクラスタ内の各サーバで解決可能であることを確認してください。DNS が実装されていない場合は、 /etc/hosts ファイルを編集して、 localhost 名のエントリを追加してください。このエントリは、ローカルサーバの IP アドレスをリストしたり、デフォルトのエントリ (127.0.0.1) をリストすることができます。 localhost が解決できない場合、LifeKeeper GUI が正常に機能しない可能性があります。
  1. DNS が実装されている場合は、LifeKeeper クラスタ内のサーバが DNS を使用して解決できるように設定されていることを確認してください。
  1. 各サーバのホスト名が正しく、LifeKeeper をインストールした後に変更されないことを確認してください。後で LifeKeeper システムのホスト名を変更するように決定した場合は、 クラスタ内のすべてのサーバについて 以下の手順に従う必要があります。

a. 次のコマンドを使用して、クラスタ内のすべてのサーバ上の LifeKeeper を停止してください。

/opt/LifeKeeper/bin/lkstop -f

b. Linux hostname コマンドを使用して、サーバのホスト名を変更してください。

c. 続行する前に、新しいホスト名がクラスタ内の各サーバで解決可能であることを確認する必要があります (前の項目を参照)。

d. クラスタ内の各サーバで次のコマンドを実行して、LifeKeeper のホスト名を更新してください。(詳細については、lk_chg_value(1M) を参照してください。)

/opt/LifeKeeper/bin/lk_chg_value -o oldhostname -n newhostname

e. 次のコマンドを使用して LifeKeeper を起動してください。

/opt/LifeKeeper/bin/lkstart

LifeKeeper for Linux v7.x では、コミュニケーションパスおよび IP リソース用の VLAN インターフェースがサポートされています。VLAN インターフェースの種類は、以下に示すように選択することができます。

VLAN インターフェースサポートマトリックス

- サポートなし \ x サポートあり

LK Linux v7.1 以前のバージョン

VLAN_NAME_TYPE コミュニケーションパス IP リソース
DEV_PLUS_VID (eth0.0100) - x
DEV_PLUS_VID_NO_PAD (eth0.100) - x
VLAN_PLUS_VID (vlan0100) x x
VLAN_PLUS_VID_NO_PAD (vlan100) x x

LK Linux v7.2 以降のバージョン

VLAN_NAME_TYPE コミュニケーションパス IP リソース
DEV_PLUS_VID (eth0.0100) x x
DEV_PLUS_VID_NO_PAD (eth0.100) x x
VLAN_PLUS_VID (vlan0100) x x
VLAN_PLUS_VID_NO_PAD (vlan100) x x
注: NIC名は何でも構いません(例:eth0、ens192…)

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信