ミラーの管理は、LifeKeeper の GUI からの操作だけでなく、コマンドラインからも実行できます。DataKeeper のリソースの管理に使用できるコマンドがいくつかあります( $LKROOT/bin ディレクトリを参照)。

ミラーの操作

mirror_action <tag> <action> [source] [target(s)]

<tag> DataKeeper リソースを表す LifeKeeper リソースタグ

<action> 以下のいずれか:pause, resume, force, fullresync

[source] ( オプション ) 現在のソースシステム (ソースが指定されない場合、コマンドが実行されたカレントシステムを使用)

[target] ( オプション ) 操作対象のターゲットシステム (またはシステムのリスト。ターゲットが指定されない場合、該当するすべてのターゲットを使用)

例:

datarep-ext3 という名前のミラーを一時停止する。

mirror_action datarep-ext3 pause

adam から evesophocles の両方のシステムへの複製を再開する。

mirror_action datarep-ext3 resume adam eve sophocles

システム eve へのオンラインミラーリングを強制実行する。

mirror_action datarep-ext3 force eve

adam から sophocles への複製を再開し、これらのシステム間で全体の再同期を強制実行する。

mirror_action datarep-ext3 fullresync adam sophocles

ミラーのサイズ変更

mirror_resize コマンドは、リソースの再作成をせずにミラーのサイズを変更することができます。ミラーのサイズを変更する前に、ソースシステムおよびターゲットシステムの両方でベースとなるデバイスのサイズを変更する必要があります。その後、ソースシステム上でこのコマンドを実行してください。ベースとなるデバイスのサイズが自動的に検出され、新しいミラーのサイズとして使用されます。また、オプションでサイズを指定することもできます。

LifeKeeper v9.5.0 からは、リソースが In Service の状態でもミラーサイズを変更できるようになりました。ただし、ミラーサイズを縮小する場合は、リソースの状態は Out of Service でなければなりません。なお、ファイルシステムによっては縮小に対応していないものもあります。

mirror_resize [-f] [-s <size>] <tag>

<tag> ミラーリソースのタグ。

-f ユーザに確認せずにサイズ変更を強制実行(推奨しません)。

-s <size> ミラーサイズ (KB 単位) を指定。

ミラーのサイズコマンドの利用条件

  • ベースとなるデバイスは論理ボリューム (LV) であること
  • 単一のターゲットであること(複数ターゲット構成は非サポート)

ミラーのサイズ変更の推奨手順

  1. ベースとなるデバイスのサイズを変更します。ソースとターゲットの両方でこれを実行します(ターゲットのサイズはソースのサイズ以上でなければならないことに注意してください)。
  1. ソースシステムで mirror_resize を実行します。これによってミラーの内部メタデータとビットマップが更新され、新しく拡張したデバイスサイズが反映されます。

例: mirror_resize –s <size in KB> <tag>

  1. リソースの状態が Out of Service の場合、ミラー ( datarep ) リソースのみを In Service にします。新しく拡張したデバイス、または パーティションの再同期が実行されます。
  1. ミラーデバイス上でファイルシステムのサイズ変更を実行します (例: resize2fs /dev/mdX。X はサイズを変更するミラーの md デバイス番号で、/dev/md0 のようになります)。
  1. リソースの状態が Out of Service の場合、ファイルシステムとアプリケーションリソースを In Service にします。

XFS ファイルシステムを使用したミラーサイズ変更の推奨手順

  1. ベースとなるデバイスのサイズを変更します。ソースとターゲットの両方でこれを実行します(ターゲットのサイズはソースのサイズ以上でなければならないことに注意してください)。
  1. ソースシステムで mirror_resize を実行します。これによってミラーの内部メタデータとビットマップが更新され、新しく拡張したデバイスサイズが反映されます。

例: mirror_resize –s <size in KB> <tag>

  1. リソースの状態が Out of Service の場合、ミラー(datarep)リソースとファイルシステムリソースを In Service にします。新しく拡張されたデバイスまたはパーティションが再同期されます。
  1. ファイルシステム上で、ファイルシステムのサイズ変更を実行します。

例: xfs_growfs -D size /path/to/file/system

  1. リソースの状態が Out of Service の場合、アプリケーションリソースを In Service にします。

ビットマップの管理

bitmap -a <num>|-c|-d|-x <size_kb>|-X <bitmap_file>

-a <num>ビットマップファイルに非同期書き込みのパラメータを追加します。同期ミラーのアップグレードにより非同期ターゲットを含むようになった場合、これは必須です。<num> のデフォルト値は 256 です。この制限に最適な値を計算するには、 SIOS DataKeeper for Linux によるミラーリング非同期ミラーリング情報 を参照してください。

-c ビットマップファイルをクリーニングします (すべてのビットを 0 に設定)。ソースディスクの余分な複製がターゲットに存在する場合、これを使用することで全体の再同期を回避できます。、 このオプションは、特に注意して使用してください

-d ビットマップファイルをダーティに設定します (すべてのビットを 1 に設定)。例えばスプリットブレインの状況が発生した後などに、このオプションを使用して全体の再同期を強制実行できます。

-m ビットマップを読み取り、マージストリームを作成します。

-X <bitmap file> ビットマップファイルを調べて、ビットマップとミラーに関する有用な情報を表示します。

-x <size_kb> size_kb. のディスクが有効になるようにビットマップファイルを拡張します。
(注記 : このオプションはミラーのサイズ変更のために内部的にのみ使用されます。)

さらに、mdadm コマンドを使用して、DataKeeper のリソースを管理できます。これは、DataKeeper のリソースが実際には md デバイスに存在するからです。詳細については、mdadm(8) のマニュアルページを参照してください。

注記 : mdadm を使用するときには、OS 同梱の mdadm ではなく $LKROOT/bin/mdadm を必ず使用してください。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信