LifeKeeper for Linux VMDK Recovery Kit

LifeKeeper for Linux VMDK Recovery Kit の第 1 の目的は、LifeKeeper ユーザに対し、共有ストレージとデータ・レプリケーションに代わる代替ストレージ方式を提供することです。

VMDK Recovery Kit を使用すると、LifeKeeper 保護下のサーバまたはクライアント上に LifeKeeper リソース階層を作成できます。このリソース階層には、VMwareハイパーバイザーの提供する仮想ハードディスクが接続され、そのディスク上に作成されたファイルシステムがマウントされます。

仮想ハードディスクを接続したノードで障害が検出されると、VMDK Recovery Kit は、事前判別されたバックアップ・ノードへのフェイルオーバを開始し、バックアップ・ノードに同じ仮想ハードディスクを再接続します。そのため、仮想ディスク上に構成されたファイル・システムが LifeKeeper サーバまたはクライアントにマウントされたら、それを LifeKeeper 階層のストレージの基礎として完全に使用できます。

VMDK Recovery Kit のリソース階層は、LifeKeeper Core 製品(steeleye-lk パッケージ)から 入手可能な現存の File System Recovery Kit を使用して作成されます。

VMDK Recovery Kit の制限事項

  • このバージョンの VMDK Recovery Kit では、仮想ハードディスクへのアクセスが失敗したときのローカル・リカバリをサポートしていません。障害が検出されると、デフォルト・アクションによって、バックアップ・サーバへの階層の転送が開始されます。 リソース階層の構成に応じて、このアクションはハング・プロセスにつながることがあります。ハング・プロセスを回避するには、サーバを停止してバックアップ・ サーバへのフェイルオーバを強制するように、デフォルト・アクションを変更します。デフォルトの切り替え動作を変更するには、LifeKeeper デフォルト・ファイルで VMDK_ERROR の設定を変更します。VMDK_ERROR の詳細については、このドキュメントのセクション「 LifeKeeper for VMDK Recovery Kit の設定 」を参照してください。
  • クラスタに参加するすべてのゲストはSCSIコントローラの構成を同一にする必要があります。VMDK Recovery Kit はリソースの作成時に仮想ハードディスクが接続されていたSCSIコントローラに対して仮想ハードディスクの再接続を行います。
  • リソース起動時にはスナップショットの作成・復元が出来ません。 仮想ハードディスクがノード間を移動して変更された場合にスナップショットとの整合性が保証できなくなるため、明示的に禁止されます。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信