Oracle Database 19c をインストールのための環境設定を行います。Oracle インストールの前提条件については、Oracle 社のドキュメントをご参照ください。

両クラスターノード で、以下の設定を行います

  1. swap 領域を作成します。

Oracle をインストールするには3GB 以上の Swap 領域が必要です。インスタンスにアサイン済の 10GB のディスク(/dev/sdd)を使用して Swap エリアを構成します。

  1. RHEL のオプションレポジトリを登録します。必須パッケージ「compat-libstdc++-33」を含むリポジトリを追加します。
    ※以下は検証環境での例になります。適宜読み替えてください。

  1. 必須パッケージをインストールします。

  1. カーネルパラメータを編集します。

注意: 記号、空白はワード、エクセルの仕様で勝手に異なる文字に変更されてコピーペーストでコマンド実行すると、エラーになる場合があります。また、末尾に空白を絶対につけないでください。変数が数値ではなく文字列に認識されてしまいまい、コマンドが失敗する場合があります。

  1. カーネルに反映させます。

  1. Oracle 専用のユーザー/グループを作成し、システムの環境設定をします。

  1. oracle ユーザーのパスワードを設定します.

  1. /mnt/ORA が DK により保護されておりプライマリーノードでマウントされていることを確認します。(この作業はプライマリーノードのみ行います)

  1. ディレクトリ作成とアクセス権、オーナーを変更します。(この作業はプライマリーノードのみ行います)

  1. /etc/pam.d/login 14 行目あたりに追記します。

  1. /etc/security/limits.conf の最終行に追記します。

  1. Oracle 用の環境設定をしておきます。作業は前の手順で作成した「oracle」ユーザーで行います。

ここで設定した ORACLE_SID は、後の手順で使用するため控えておきます。今回は “lkoracle” とします。

  1. root の xauth の設定を oracle ユーザーにコピーします。(この作業はプライマリーノードのみ行います)。

  1. oracle ユーザーの xauth の出力結果が root と同じであることを確認します。

  1. インストール作業用ディレクトリ作成(この作業はプライマリーノードのみ行います)

以上でインストールするための準備は完了です。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信