[Force Mirror Online] は、両方のサーバが動作不能になり、かつプライマリサーバの再起動後にリソースを In Service にできない場合にのみ使用してください。 [Force Mirror Online] を選択すると、 data_corrupt フラグが削除され、DataKeeper リソースが In Service になります。詳細については、トラブルシューティング セクションの「プライマリサーバがリソースを ISP にできない」を参照してください。

注記: mirror_settings はターゲットシステム(ミラーのソースになるシステムには無関係に設定を有効にする場合はすべてのシステム)で実行する必要があります。設定の変更内容を有効にするには、ミラーを 一時停止 してから 再起動 する必要があります。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信