SPS for Linux は現在 LVM 上での DataKeeper の使用と DataKeeper 上での LVM の使用の両方をサポートしています。標準的な DataKeeper の設定では LVM 上での DataKeeper の使用がサポートされているので、SPS LVM Recovery Kit をインストールしないでください。必要なリカバリキットは、DataKeeper だけです。ただし、DataKeeper 設定上で LVM を使用する場合は、LVM Recovery Kit が必要になります。

SIOS では LVM 上での DataKeeper 使用を推奨していますが、DataKeeper 設定上で LVM が使用される場合は、2 段階の階層作成プロセスが必要になります。DataKeeper デバイス (階層) では、プライマリサーバ上で LVM ボリュームグループと論理ボリュームを作成する前に、DataKeeper の「Data Replication Resource」オプションを使用した設定を行う必要があります。必要なボリュームグループと論理ボリュームが作成できたら、残りの階層を保護されるアプリケーションに関連したリカバリキットの設定手順に従って作成します。完成した階層は以下に示す図 3 のようになります。 注記 : データの整合性を保つため、DataKeeper 上に LVM を構成する場合には、DataKeeper ミラー 1 つだけ、または複数の 同期 ミラー、いずれかの構成でなければなりません。

図 3: DataKeeper 上の LVM を含む階層

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信