LifeKeeper が動作している場合、システムを直接、init 状態 S に切り替えないでください。Linux の init システムの操作が原因で、こうした遷移が全 LifeKeeper プロセスの即時停止につながり、突発的な障害を発生させる可能性があります。この場合は、代わりに LifeKeeper を (lkstop で) 手動停止するか、システムを最初に init 状態 1 にしてから init 状態 S にしてください。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信