以下に、一般的な SAP MaxDB リソース階層の例を示します。

上記の例での依存関係は、以下の保護されているリソースに対応しています。

リソース
SAP MaxDB ソフトウェアコンポーネント
LKIP.EXAMPLE.COM クライアント接続に使用される切り替え可能な IP アドレスを保護
sapdb_EXAMPLE /data EXAMPLE データベースのデータベース・データデバイス空間を保護
sapdb_ EXAMPLE /log EXAMPLE データベースのデータベース・ログデバイス空間を保護
sapdb_ EXAMPLE /rundirectory EXAMPLE データベースのデータベース RUNDIRECTORY を保護
sapdb_ EXAMPLE /sys EXAMPLE データベースのデータベース・システムデバイス空間を保護
sapdb_lk/data 独立したデータパスを保護
sapdb_lk/dep 従属したパスを保護
sapdb_lk/prog 独立したプログラムのパスを保護

フェイルオーバー時、SPS はファイルシステム、IP アドレスおよびデータベースリソース(すべてのリソースの依存関係を含む)をバックアップサーバー上で稼働させます。クライアントは切断されるため、サーバーに再接続する必要があります。コミットされていない SQL ステートメントはすべて再入力する必要があります。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信