1. リソース階層の作成を開始するには、次の 4 つの方法があります。
  • [Edit]メニュー で、 [Server] を選択して、 [Create Resource Hierarchy] をクリックしてください。
  1. [Create Resource Wizard] というタイトルのダイアログが表示され、クラスタ内にインストールされているすべての認識されたリカバリキットのリストが示されます。 アプリケーションを保護するためにリソース階層を構築する Recovery Kit を選択して、[Next] をクリックしてください。
  1. [Switchback Type] を選択して、[Next] をクリックしてください。
  1. [Server] を選択して、[Next] をクリックしてください。注記: サーバコンテキストメニューから開始した場合、クリックしたサーバアイコンから自動的にサーバが決定されるので、この手順はスキップされます。
  1. 続いて表示されるダイアログを使用して、作成しているリソース階層の種類に必要なデータを入力してください。

LifeKeeper アプリケーションリソース階層

LifeKeeper をリカバリキット無しでインストールした場合、デフォルトでは [Select Recovery Kit] リストに、ファイルシステムまたは Generic Application 用のオプションが含まれています。Generic Application のオプションは、関連付けられたリカバリキットがないアプリケーションに使用できます。

Raw I/O Recovery Kit または IP Recovery Kit (これらは両方とも、別個にパッケージ化され、LifeKeeper Core メディアに含まれている Core Recovery Kit です) をインストールした場合、[Select Recovery Kit] リストはこれらの Recovery Kit に対する追加のオプションを提供します。

これらの利用可能なオプションについては、以下のトピックを参照してください。

IP Recovery Kit については、IP Recovery Kit テクニカルドキュメンテーション を参照してください。

Recovery Kit のオプション

インストールしたオプションの各リカバリキットは、[Select Recovery Kit] リストにエントリを追加します。たとえば、Oracle、Apache、および NFS の Recovery Kit がリストに表示されます。必要なリソース階層を作成する手順については、各リカバリキットに付属の管理ガイドを参照してください。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信