User Guide は、検索可能な総合リソースで、LifeKeeper の GUI で実行できる多くの作業の詳細情報があります。このドキュメンテーションにアクセスするには、User Guide をクリックしてください。

GUI から実行できる作業は 3 つの分野に分類できます。

共通の作業 - これらはどのユーザでも実行できる基本的な作業で、クラスタへの接続、サーバやリソースのプロパティの表示、ログファイルの表示、GUI の設定の変更などがあります。

オペレータの作業 - これらは Operator (オペレータ) の権限を必要とする高度な作業で、リソースを in service および out of service にする操作などがあります。

管理者の作業 - これらは、Administrator (管理者) の権限を必要とする作業です。サーバのプロパティの編集、リソースの作成、コミュニケーションパスの作成や削除などのサーバレベルの作業、およびリソースの編集、拡張、削除などのリソースレベルの作業があります。

以下の表に、それぞれのユーザ権限で使用できるデフォルトの作業を示します。特定のリソースタイプについてその他の作業が使用できることがあります。これらの作業については、関連するリソースキットのドキュメントで説明しています。

作業
権限
ゲスト
オペレータ
管理者
サーバとリソースの表示
X
X
X
サーバへの接続と切断
X
X
X
サーバのプロパティとログの表示
X
X
X
サーバのプロパティの変更
X
リソース階層の作成
X
コミュニケーションパスの作成と削除
X
リソースのプロパティの表示
X
X
X
リソースのプロパティの変更
X
リソースのサービス中とサービス休止の切り替え
X
X
リソース階層の拡張と拡張解除
X
リソースの依存関係の作成と削除
X
リソース階層の削除
X

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信