原因:

SAP と Database Recovery Kit によって使用された su コマンドにより、LK ログに次のような「tset」エラーメッセージが出力されます。

tset: standard error: Invalid argument

このエラーは、SAP 管理者およびデータベースユーザのホームディレクトリにあるプロファイルファイルの 1 つによって出力されるもので、非インタラクティブシェルのみに存在します。

処置:

データベースユーザと SAP 管理者に C シェルを使用している場合、これらのユーザのホームディレクトリの .sapenv_<hostname>.csh に次の行を追加してください。このコードは、「tset」を実行するかどうかを決定する次のコードを囲むように追加する必要があります。

if ( $?prompt ) then

tty -s

if ( $status == 0) then

.

.

.

endif

endif

注記: 「tty -s」から内側の「endif」までのコードは、既にファイル内に存在しています。

データベースユーザと SAP 管理者に Bash シェルを使用している場合、これらのユーザのホームディレクトリの .sapenv_<hostname>.sh に次の行を追加してください。

「tset」を実行するかどうかを決定するコードの前に、以下を追加します。

case $- in

*i*) INTERACTIVE =“yes”;;

*) INTERACTIVE =“no”;;

esac

「tset」を実行するかどうかを決定するコードを囲むように、以下を追加します。

if [ $INTERACTIVE == “yes” ]; then

tty -s

if [ $? –eq 0 ]; then

.

.

.

fi

fi

注記: 「tty -s」から内側の「endif」までのコードは、既にファイル内に存在しています。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信