Gen LB リソースの作成/拡張方法は、Generic Application を利用します。Generic Application の利用方法の詳細につきましては、 SIOS Protection Suite for Linux テクニカルドキュメンテーション を参照してください。

Gen LB リソース作成時の独自の設定として、Generic Application wizard の Application Information(AppInfo)の項目での Port 番号と応答文字列の指定があります。Port 番号(1024-65535の範囲)の設定は必須の設定項目です。応答文字列については任意で設定することができます。

AppInfo : <Port 番号:1024-65535> [応答文字列]
入力例. AppInfo : 12345 “message”

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信