1. LifeKeeper GUI メニューから [Edit] を選択し、次に [Server] を選択します。ドロップダウンメニューから、 [Create Resource Hierarchy] 選択します。

クラスター内で認識されたすべてのインストール済みのリカバリーキットがドロップダウンリストで表示されます。ドロップダウンリストから SAP を選択します。

[Next] をクリックします。

いずれかのダイアログボックスで [Back] ボタンが有効になっている場合は、前のダイアログボックスに戻ることができます。これは、以前に入力した情報を修正する必要のあるエラーが発生した場合に便利です。

階層の作成中に [Cancel] をクリックすると、LifeKeeper は作成プロセス全体をキャンセルします。

  1. スイッチバックタイプ を選択します。これは、バックアップサーバーへのフェールオーバー後にサービスに復帰したときに SAP インスタンスをこのサーバーにどのようにスイッチバックするかを指示します。 Intelligent または Automatic のいずれかを選択できます。 Intelligent スイッチバック では、インスタンスをプライマリ/元のサーバーに戻すために管理者の介入が必要です。 Automatic スイッチバック とは、プライマリサーバーがオンラインに戻り、LifeKeeper のコミュニケーションパスを再確立するとすぐにスイッチバックが実行されることを意味します。

スイッチバックタイプは必要に応じて、 [Resource Properties] ダイアログボックスの [General] タブで後から変更できます。

[Next] をクリックします。

  1. SAP PAS、ASCS または SCS を配置するサーバーを選択します(通常、これをプライマリまたはテンプレートサーバーと呼びます)。クラスター内のすべてのサーバーがドロップダウンリストボックスに含まれています。

  1. SAP SID を選択します。これは、保護対象の SAP PAS、ASCS、または SCS システムのシステム識別子です。

[Next] をクリックします。

  1. 保護対象の SIDSAP インスタンス名(例:ASCS<No.>)(コアインスタンスが先頭)を選択します。

[Next] をクリックします。

注記: 保護およびリカバリーレベルのカスタマイズに関連する追加の画面が表示される場合があります。

  1. IP の子リソース を選択します。これは通常、SAP インストール時に指定された仮想ホスト IP アドレス(SAPINST_USE_HOSTNAME)またはフェールオーバーに必要な IP アドレスのいずれかです。

  1. SAP Tag を選択または入力します。これは LifeKeeper が SAP の階層に付与するタグ名です。デフォルトを選択するか、独自のタグ名を入力することができます。デフォルトのタグは SAP-<SID>_<ID> です。

[Create] をクリックすると、 SAP リソースの作成ウィザードSAP リソースを作成します。

  1. この時点で情報ボックスが表示され、LifeKeeper は SAP リソース階層を作成するための有効なデータが提供されているかどうかを検証します。LifeKeeper が問題を検出すると、情報ボックスに ERROR と表示されます。検証が成功すると、リソースが作成されます。情報ボックスに表示される SAP 起動スクリプトから出力されるエラーまたはメッセージが表示される場合もあります。

[Next] をクリックします。

  1. SAP リソース階層を正常に作成したことを示す別の情報ボックスが表示されます。そして、LifeKeeper 保護下に置くためにその階層をクラスター内の別のサーバーに 拡張 する必要があります。

[Next] をクリックすると、LifeKeeper はこのセクションで後述する Pre-Extend Wizard を起動します。

ここで [Cancel] をクリックすると、後で SAP リソース階層を LifeKeeper の保護下に置くにはこのステップに戻って SAP リソース階層を別のサーバーに拡張する必要があることを警告するダイアログボックスが表示されます。

  1. 階層が正常に拡張された ことを示す [Extend Wizard] ダイアログが表示されます。 [Finish] をクリックします。

[Hierarchy Integrity Verification] ダイアログが表示されます。階層の検証が終了したら、 [Done] をクリックして [Create Resource Hierarchy] メニューを終了します。

SIOS Protection Suite を使用して PAS および AAS サーバーを保護することはできますが、ほとんどのお客様は、それらを追加の HA なしで独立したスタンバイサーバーとして使用しているだけです。このガイドでは保護手順については説明しないので、詳細と手順については SAP Recovery Kit を参照してください。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信