概要

Generic ARK for Load Balancer probe reply(以下Gen LB)は、Microsoft Azure(以下Azure)や Google Cloud Platform(以下GCP)環境で Load Balancer の負荷分散対象インスタンスへのヘルスチェックプローブを待ち受けて応答する仕組みを提供します。

本書では Gen LB スクリプトの動作詳細を解説します。LifeKeeper の一般的な用語、使用方法等については、 SIOS Protection Suite for Linux テクニカルドキュメンテーション を参照してください。

また、本書の内容はあらゆる環境において正常に動作することを保証するものでありません。

前提条件

  • 本スクリプトはLifeKeeper for Linux v9.5.1以降で利用することができます。その他のバージョンやSingle Server Protectionでは利用できません。
  • LifeKeeper for Linux v9.5.1 以降でサポートする OS・構成 をサポートしています。ただし LifeKeeper for Linux v9.5.1 + SAP Application Recovery Kit(SAP ARK)の組み合わせを GCP 上で利用する構成はサポート対象外です。サポートされる OS や構成につきましては、オンラインドキュメントの リリースノート および SIOS Protection Suite for Linux サポートマトリックス をご確認ください。またインストール手順につきましては、オンラインドキュメントのインストール手順をご確認ください。
  • Cloud は Microsoft Azure と Google Cloud Platform のみサポートします。
  • プローブのプロトコルは TCP のみをサポートします。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信