DataKeeper リソースの作成手順を例示します。
DataKeeper リソースは、共有ストレージを使用せずに可用性の高いクラスタを構築する機能を提供します。

構成図

本ガイドで作成する環境は、以下のような 2ノード構成です。
新しいファイルシステムにミラーを作成し、LifeKeeper で保護します。

構成が以下の DataKeeper の要件を満たしていることを確認してください。
ハードウェアとソフトウェアの要件

target1、target2 で実行

  1. デバイスの確認
# parted /dev/sdb print
Model: VMware Virtual disk (scsi)
Disk /dev/sdb: 1074MB
Sector size (logical/physical): 512B/512B
Partition Table: gpt
Disk Flags:
 
Number  Start  End  Size  File system  Name  Flags
  1. パーティションの作成
    デバイスの /dev/sdb にパーティションを作成します。
# parted -s /dev/sdb mklabel gpt
# parted /dev/sdb mkpart primary 0% 100%
# parted /dev/sdb print
Model: VMware Virtual disk (scsi)
Disk /dev/sdb: 1074MB
Sector size (logical/physical): 512B/512B
Partition Table: gpt
Disk Flags:
 
Number  Start   End     Size    File system  Name     Flags
 1      1049kB  1073MB  1072MB  ext4         primary

target1 で実行

  1. リソースの作成
    以下のコマンドを実行します。
[target1]# lkcli resource create dk --tag dk-tag --mode synchronous --hierarchy new --device /dev/sdb1 --fstype xfs --mount_point /mnt/dk --fstag fs-tag

リソースの設定値

項目 入力値
--tag DataKeeper リソースのタグ名
--mode レプリケーションタイプ
--hierarchy 作成するデータレプリケーションのタイプ
--device ソースディスクまたはパーティション
--fstype ファイルシステムタイプ
--mount_point マウントポイント
--fstag ファイルシステムリソースのタグ名
  1. DataKeeper リソースの拡張
    さらに以下のコマンドを実行します。
[target1]# lkcli resource extend dk --tag dk-tag --dest target2 --mode synchronous --laddr 10.1.6.88 --raddr 10.1.6.89

リソースの設定値

項目 入力値
--tag 作成した DataKeeper リソースのタグ名
--dest リソース階層を拡張するターゲットサーバのホスト名
--mode レプリケーションタイプ
--laddr コミュニケーションパスに設定するローカルマシン上の IP アドレス
--raddr コミュニケーションパスに設定するリモートマシン上の IP アドレス
  1. ファイルシステムリソースの拡張
    さらに以下のコマンドを実行します。
[target1]# lkcli resource extend fs --tag fs-tag --dest target2

リソースの設定値

項目 入力値
--tag 作成したファイルシステムリソースのタグ名
--dest リソース階層を拡張するターゲットサーバのホスト名
  1. リソースの確認
    リソースの作成および拡張が完了したら、次のコマンドを実行してください。
    リソースの情報が表示されます。
[target1]# lkcli status -q
 
LOCAL   TAG           ID                                   STATE     PRIO  PRIMARY
target1 fs-tag        /mnt/dk                              ISP          1  target1
target1  dk-tag       36000c292eb0c693b2efb44ed56556636-1  ISP          1  target1

上記のように自動的に上位にファイルシステムリソースが依存関係を持った状態でDataKeeperリソースが作成されます。

  1. ミラーリングの確認
    DataKeeper リソースを作成すると、全同期が実行されますので、全同期が完了するまで待ってください。以下のコマンドで状況が確認できます。Status が Fully Operational になっていれば全同期は完了です。
[target1]# lkcli mirror status --tag dk-tag

リソースの設定値

項目 入力値
--tag 作成した DataKeeper リソースのタグ名

DataKeeper リソースの export/import

クラスターの設定を引き継いで複製する を参考にして DataKeeper とファイルシステムリソースを複製してください。
なお、import については、各ノードでファイルシステムをアンマウントした状態で実行してください。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信