GUI

まず、 WebSphere MQ のリソースプロパティ画面 または上述の リソースコンテクストメニュー を開きます。 [Logging Level Configuration] アイコンまたはメニュー項目をクリックします。以下のダイアログが表示されます。

[Logging Level] を選択して [Next] をクリックしてください。新しい LifeKeeper ログレベルを設定するかを確認するメッセージが表示されたら、 [Continue] をクリックします。LifeKeeper GUI により、クラスタ内の各サーバ上で選択されたキューマネージャに LifeKeeper ログレベルが設定されます。

コマンドライン

LifeKeeper ログレベルをコマンドラインで設定するには、次のコマンドを使用します。

/opt/LifeKeeper/lkadm/subsys/appsuite/mqseries/bin/mq_modqmgrparam -c -s -i TEST.QM -p DEBUG -v DEBUG

このコマンドを使用すると、キューマネージャ TEST.QM (-i) において、クラスタ (-c) 内の各ノード上の LifeKeeper ログレベル (-p) が DEBUG (-v) に設定 (-s) されます。

注記: キューマネージャの名前 (-i) または LifeKeeper TAG (-t) の名前のいずれかを使用できます。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信