SAP のフェイルオーバ後、SAP ログにエラーメッセージが記録されます。エラーメッセージの多くは正常であり、無視できます。

DB 障害発生時

BVx: Work Process is in reconnect status – このエラーメッセージは、単に、作業プロセスがデータベースへの接続を失ったため、再接続を試みていることを示しています。

BVx: Work Process has left reconnect status – これは実際にはエラーではありませんが、データベースが復帰し、プロセスがデータベースに再接続したことを示しています。

その他のエラー – データベースがダウンしている間、いくつものエラーがログに記録される可能性があります。

CI の起動時

E15: Buffer SCSA Already Exists – このエラーメッセージは、実際にはエラーではありません。単に、以前に作成された共有メモリ領域が SAP が使用するシステムに見つかったことを示しています。

E07: Error 00000 : 3No such process in Module rslgsmcc (071)SAP ノート 7316 を参照 – 前回のシャットダウン中に、ロックが正しく解放されませんでした。このエラーメッセージは無視できます。

LifeKeeper In Service

In Service の動作時に、LifeKeeper の [In Service] ダイアログに以下のメッセージが表示されることがあります。

error: permission denied on key ‘net.unix.max_dgram_qlen’

error: permission denied on key ‘kernel.cap-bound’

これらのエラーは、saposcol が起動されたときに発生するもので、無視できます (SAP ノート 201144 を参照)

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信