LifeKeeper では、リソースインスタンス間の関係を作成できます。主な関係は依存関係で、例えばあるリソースインスタンスが動作するために、別のリソースインスタンスに依存します。リソースインスタンスと依存関係の組み合わせが、リソース階層です。

例えば、 /usr1 の動作はディスクサブシステムに依存するので、 /usr1 と、ディスクサブシステムを表すインスタンスとの間に順序付きの階層の関係を作成できます。

リソース階層により指定された依存関係は、リソースインスタンスを In Service と Out of Service にする適切な順序を LifeKeeper に示します。このリソース階層の例では、 diskdevice のインスタンスを正常に In Service にするまで、LifeKeeper は /usr1 リソースを In Service にすることができません。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信