プライマリサーバーで次の手順を実行します。

  1. Edit メニューから、 [Server][Create Resource Hierarchy] を選択します。 Create Resource Wizard のダイアログが表示されます。
  1. ドロップダウンリストから SAP HANA を選択し、 [Next] をクリックします。

  1. SAP HANAリソースに使用する スイッチバックタイプ として、 intelligent を選択します。 [Next] をクリックします。

インテリジェントスイッチバックとは、バックアップサーバーへのフェイルオーバー後、管理者がSAP HANAリソースをプライマリサーバーに手動で切り替える必要があることを意味します。 注意: SPSのこのリリースは、SAP HANAリソースの自動スイッチバックをサポートしていません。さらに、自動スイッチバックの制限事項は、SAP HANAリソースに依存する他のLifeKeeperリソースにも適用されます。

  1. SAP HANAリソースを作成する サーバー を選択します。最初のSAP HANAリソースを作成する場合、このステップで選択するサーバーは、そのサーバー上でデータベースが現在SAP HANAシステムレプリケーションのプライマリマスターとして登録されているサーバーでなければなりません。 [Next] をクリックします。

  1. SAP HANAデータベースがインストールされている SAP HANA SID を選択し、 [Next] をクリックします。

  1. LifeKeeperで保護する SAP HANA インスタンスを選択し、 [Next] をクリックします。

  1. LifeKeeperで保護する、 依存する仮想IPリソース を選択します。 リストに表示するには、IPリソースはすでに存在し、選択したサーバーでIn Serviceになっている必要があります。LifeKeeper IPリソースを使用せずにフェイルオーバーまたはスイッチオーバーで仮想IP/ホスト名の切り替えを管理する場合は、 「none」 を選択します。 [Next] をクリックします。

  1. 選択したサーバー上に作成されるSAP HANAリソースを識別するために使用される SAP HANAリソースタグ を入力します。 デフォルトのタグ名の形式は HANA-<SID>_<HDB インスタンス> ですが、現在別のLifeKeeperリソースの識別に使用されていないものであれば、別のタグ名を使用するように変更できます。タグ名で使用できる文字は、文字、数字、および次の特殊文字「-」、「_」、「.」、「/」です。

  1. [Create] をクリックします。 Create Resource Wizard でSAP HANAリソース階層を作成します。SPSは、入力されたデータとSAP HANAシステムレプリケーションフレームワークから取得したデータを検証します。問題が検出されると、情報ボックスにエラーメッセージが表示されます。 [Next] をクリックします。

  1. SAP HANAリソース階層が正常に作成されたことを示すメッセージが表示され、その階層をクラスター内の別のサーバーに拡張してフェイルオーバー保護を実現する必要があります。 [Next] をクリックします。

  1. [Continue] をクリックします。その後、SPSは Pre-Extend Wizard を起動します。 リソース階層を別のサーバーに拡張する方法の詳細については、 SAP HANAリソース階層の拡張 を参照してください。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信