プライマリサーバーからバックアップサーバーへのリソースインスタンスのフェイルオーバーをシミュレートする手動のスイッチオーバーを開始することによって、SAP MaxDB リソース階層をテストすることができます。

LifeKeeper GUI から手動スイッチオーバーを実行する

LifeKeeper GUI から手動でスイッチオーバーを開始するには、 [Edit] メニューの [Resource] から [InService] を選択します。例えば、バックアップサーバー上で in-service 要求が実行されると、SAP MaxDB のリソース階層はバックアップサーバー上で in-service 状態になり、プライマリサーバー上のサービスは停止されます。この時点で、元のバックアップサーバーはプライマリサーバーになり、元のプライマリサーバーがバックアップサーバーになります。

Out of Service 要求を実行すると、リソース階層は他のサーバー上でサービスを開始することなく、Out of Serviceとなります。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信